プレスリリース

寝ている間に本格整体!人気整体師の指圧を3D再現 日本初!骨膜整体(R)枕「FIL PILLOW」6月15日先行発売

2024年06月14日(金)18時00分
筋膜のその先をほぐし、本気で身体と向き合う独自開発のオールハンド施術『骨膜整体(R)』を提供する整体院グループを運営する株式会社Filament(本社:東京都港区、代表取締役:川島 悠希、以下、Filament)は、日本初となるオリジナルプロダクトとして、これまで5万人を超える身体を整体を通して整えてきた骨膜整体師である川島 悠希開発・監修の骨膜整体(R)枕「FIL PILLOW(フィル・ピロー)」をアタラシイものや体験の応援購入サービス“Makuake”にて6月15日(土)10時より先行発売を開始いたします。
「FIL PILLOW」は、川島が施す指圧効果を3D再現したフィルフィンガーを枕のセンターラインに装着でき、寝ている間に本格整体級の指圧を感じられ、また、ストレートネックなどから起こるコリや痛みを取り除くよう、首を理想のアーチに導きます。整体に通院する間のケアや日々変わる痛みの箇所など、身体のコンディションをセルフメンテナンスし、柔軟で代謝の良い美姿勢な身体をつくるサポートをしてまいります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/398435/LL_img_398435_1.png
日本初!骨膜整体(R)枕「FIL PILLOW」

■「FIL PILLOW」開発背景
身体のコンディションの良し悪しは日々の生活のパフォーマンスに直結します。厚生労働省の調査※1によると、肩こりや首のこりを感じている人は全体の69.3%に達しており、特に女性においてその割合が高く、76.0%の女性が肩や首のこりに悩まされていると報告されています。また、症状としては、「常に首にこりを感じる」が44.6%で最も多く、次いで「頭痛までする」や「常に肩に重いものが乗っているように感じる」が上位に挙がっています。
座位時間も長く、デスクワークやデジタルデバイスを扱う時間が多い現代人は首や肩といったパーツにおいて慢性的なコリを抱えています。現代人が1日に首に負担をかけている時間は約12時間(デスクワーク8時間、スマホ使用時間4時間)そして、負荷は角度により違うと算出されていますが、デスクワークやスマホを見る平均的な角度45度では約25kgと試算されています。※2 Filamentは骨膜整体(R)のメソッドを枕に取り入れることで、多忙な日々を過ごし、整体に定期的に通えない方でもご自宅で本格整体を施せるようにこれまでにない画期的な骨膜整体(R)枕を開発いたしました。


※1 厚生労働省 「国民生活基礎調査2023年」
※2 Lewis NR, et al. The Effect of Texting on Head and Neck Alignment in Young Adults: A Prospective Observational Study. Ergonomics. 2017;60(4):539-546.Lee SH, et al. Relationship between Forward Head Posture and the Prevalence of Temporomandibular Disorders in Adults. J Phys Ther Sci. 2016;28(6):1689-1692.Hansraj KK. Assessment of Stresses in the Cervical Spine Caused by Posture and Position of the Head. Surg Technol Int. 2014;25:277-279.Chua NH, et al. Mobile Device Use in University Students and Its Effects on Neck Flexion. Work. 2017;57(2):191-198.


■「FIL PILLOW」3つの特長
・<日本初>
骨膜整体師 川島 悠希の指圧を3D再現したフィルフィンガー搭載
8つのフィルフィンガーがストレートネックによって緊張した頚部多裂筋を寝ている間に深くゆるめる。
首を動かすたびに自然に気持ちよく刺激され、リフレッシュ効果も高まります。
フィルフィンガーは着脱可能です。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/398435/LL_img_398435_2.jpg
首の筋肉のコリをほぐす

・<3つ機能性>
[首の筋肉のコリをほぐす][首の血行をよくする・疲れをとる][首を理想のアーチへ]
フィルフィンガー・・首の血行を良くし、筋肉の疲労をとります。
ショルダーレスト・・睡眠時、頭部の負担は首に集中します。肩から支えることで頭部、首、肩の3点に体圧が分散されます。
ネックアーチ・・ストレートネックや歪んだ首のカーブを理想のカーブに自然にストレッチ。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/398435/LL_img_398435_3.jpg
首の血行を良くする・疲れをとる

・<超通気性ファイバー>
ヒートアップした 首から頭部をクールダウンして心地よい眠りへ!洗えて清潔!
ファイバー素材は、多くの空気層でできており、空気を循環しやすい構造になっています。
シャワーで丸洗いができるためいつでも清潔を保持できると共に、100%再生可能なサステナブル素材です。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/398435/LL_img_398435_4.jpg
首を理想のアーチ(R170)へ
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/398435/LL_img_398435_5.jpg
サーモグラフィーによる表面温度

■Makuake予約販売スケジュール
2024年6月15日(土)10時~Makuake先行販売開始
URL: https://www.makuake.com/project/filament2/
※お得な超早割は最大50%OFF。
詳細な商品情報、発売開始などはFilamentの公式LINEにて配信します。

▼LINEお友達登録はこちら▼
URL: https://lin.ee/9Jidzd6


■「FIL PILLOW」商品概要
商品名 :FIL PILLOW
一般販売予定価格:33,000円(税込)
サイズ :高さ9cm、奥行き42cm、横幅60cm
素材 :本体 ポリエチレン100%
フィルフィンガー シリコン100%
生産国 :本体 日本
フィルフィンガー 中国

専用カバー :素材地 ポリエステル65% コットン35%
表裏面生地、裏生地 ポリエステル80% コットン20%

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/398435/LL_img_398435_6.jpg
FIL PILLOW
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/398435/LL_img_398435_7.jpg
フィルフィンガー

【川島 悠希(かわしま ゆうき)プロフィール】
1993年生まれ、宮崎県出身。
自身の猫背を治してもらったことに感動し「この技術を極めて、次は自分が感動を与える側になろう」と整体師になることを決意し、17歳で高校を退学、施術を学ぶため整体の道へ。
21歳で整体KAWASHIMA~宮崎本院~創立。
23歳で、30分10,000円の施術が予約1~2ヶ月待ちの人気美容整体師となり、「整体で顔も身体も必ず変えれる」を発信するYouTubeチャンネル「美容整体師 川島さん。」開設。
26歳で整体 Filament TOKYO(現TORANOMON)で東京に進出。
数多くのメディアへ出演、芸能人・著名人・アスリートからも高く支持される。

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/398435/LL_img_398435_8.jpg
Filament代表:骨膜整体師 川島 悠希

<著書>
2019年「二重も涙袋もかわいい顔は自力でつくる」/学研プラス ※Amazonカテゴリー1位
2020年「自分史上最小の小顔になる」/KADOKAWA
2021年「1日30秒!足首揺らしで痩せる!」/マガジンハウス

<SNS>
YouTube : https://www.youtube.com/@user-jt3to8wn8f/featured
X(旧:Twitter): https://x.com/biyou_kawashima
Instagram : https://www.instagram.com/biyou_kawashima/

【Filament代表/骨膜整体師 川島 悠希 コメント】
「FIL PILLOW」はフィルフィンガーと枕の形象にこだわりました。
人間的な首の形を再現し、フィンガーの位置は頚部多裂筋を深く緩める位置に付け、首と肩こりに最適な場所に設置しました。寝ている間に緊張した首を深く緩める「FIL PILLOW」をぜひ毎日楽しんで使ってみてください。


■『骨膜整体(R)』とは
一般的な整体の施術は、脂肪と筋肉の間で筋肉の表膜となる“筋膜”にアプローチすることが基礎となっていますが、『骨膜整体(R)』はさらにその深層にある、筋肉を通り越して骨に到達する直前にある“骨膜”にアプローチします。
必要以上の力をかけず、体重を乗せる。骨までの層は基本柔らかく、骨まで届くと硬さを感じるため、骨に届く直前で止める繊細な技術です。
骨に近い場所へアプローチをするため、痛みを伴いやすい独自のオールハンド施術となりますが、もみ返しが出にくいことも特徴のひとつです。より本気で身体を改善したい方向けの本気の施術が「骨膜整体(R)」です。

画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/398435/LL_img_398435_9.png
『骨膜整体(R)』とは

■Filamentとは
Filamentは<人の手で革命を 。>をミッションに掲げ、2014年宮崎の小さなマンションの一室のサロンから始まった整体院グループです。
Filamentの提供する東洋医学は病院や診療所で治らないと診断された多くの患者さんを私たちの手で救うことを目的としています。Filamentの創業者兼代表である川島 悠希が超音波エコーを使用した整体に関する研究をしている際に発見し、独自開発した筋膜のその先にある骨膜にアプローチする独自のオールハンド施術『骨膜整体(R)』の技術と、これまでの知見をもとに世界中の方の健康に貢献いたします。

画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/398435/LL_img_398435_10.png
株式会社Filament

【会社概要】
企業名 :株式会社Filament
設立 :2019年2月
本社所在地:〒150-0062 東京都港区南青山2丁目4-8 LAPiS青山II402号
代表取締役:川島 悠希

Filament オフィシャルサイト・SNS
公式ウェブサイト: https://seitai-filament.com/
公式Instagram : https://www.instagram.com/filament_official/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 7
    「よく知った人なのに誰だかわからない」──NATO首脳…
  • 8
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 9
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 10
    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 5
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 6
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中