プレスリリース

漫画の神様・手塚治虫とわらび座が贈るミュージカル「ジャングル大帝レオ」4月21日開幕!

2024年04月22日(月)18時00分
東北に本拠を置き70年以上公演を続けている唯一のプロフェッショナル劇団わらび座が運営する「わらび劇場」(秋田県仙北市)は今年開場50年を迎えました。わらび劇場は全国のべ800万人のご支援を得て建設された、日本では稀有な歴史を持つ劇場です。1995年、わらび劇場でオリジナルミュージカルのロングラン公演を始めて29年。この間に生み出した作品は大小100作近くにのぼります。
こうした50年の歩みを記念し、今年わらび劇場では漫画の神様・手塚治虫氏の不朽の名作「ジャングル大帝」を原作とするミュージカル「ジャングル大帝レオ」を上演します(2024年4月21日~11月24日。109回予定)。
手塚氏とわらび座は創設者・原太郎とのご縁をきっかけに、これまでに「火の鳥 鳳凰編」「アトム」「ブッダ」と3作をミュージカル化、今回が4作目となります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/392576/LL_img_392576_1.jpg
舞台より(1)

■壮大なメッセージをファミリーで楽しめるミュージカル
1950年に発表された原作は、エネルギー問題や自然破壊、多様な生物との共生など、まさに現代が抱える課題を提起し、一つ一つの命が支え合って地球を守るという壮大なメッセージを時を超えて私たちに語りかけてくれます。
手塚氏は子どもも大人も楽しめる作品を描き続けました。今回の舞台も子どものレオを客席からみんなで応援したり、個性的な動物たちがユニークな衣裳で歌ったり踊ったり、楽しいシーンがいっぱいです。アフリカの大地を感じさせる舞台装置も大迫力!

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/392576/LL_img_392576_2.jpg
舞台より(2)
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/392576/LL_img_392576_7.jpg
舞台より(3)

■アフリカのリズムと和のテイストが融合する、わらび座ならではダンスシーン
創立以来73年、日本の民族伝統をべースに多彩な作品を創ってきたわらび座が今回は初めてアフリカの大自然と動物たちを表現します。アフリカのリズムを和太鼓が刻み、動物の姿を借りた日本の民舞のテイストを13人の役者が全身で表し躍動する、わらび座ならではの舞台にご期待ください!

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/392576/LL_img_392576_3.jpg
舞台より(4)
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/392576/LL_img_392576_8.jpg
舞台より(5)

【公演情報】
公演期間:4月21日(日)~11月24日(日)
会場 :秋田県仙北市 あきた芸術村 わらび劇場
主催 :一般社団法人わらび座
共催 :秋田魁新報社
協賛 :仙北市

スタッフ
原作 :手塚治虫
脚本 :高橋知伽江
演出 :栗城宏
作曲 :八幡茂
振付 :新海絵理子
美術 :土屋茂昭
衣裳 :武田園子
照明 :三重野美由紀
音響 :福地達朗
小道具 :平野忍
ヘアメイク:馮啓孝
舞台監督 :仁しづか
影絵協力 :劇団かかし座
出演者 :三重野葵、久保田美宥、平野進一、森下彰夫、小山雄大、
瀧田和彦、丸山有子、瀬川舞巴、冨樫美羽、佐藤千明、赤石美友、
松本莉奈(研究生)、杉目あかり(研究生) 13名
企画協力 :手塚プロダクション
企画・制作:一般社団法人わらび座

【チケットインフォメーション】
一般 :5,000円(WEB割 4,500円)
小~大学生:2,500円(WEB割 2,250円)

温泉ゆぽぽ宿泊者割
一般 :3,300円
小~大学生:2,200円


■GW(4/27~5/6) わらび劇場で観劇デビュー応援!
「Pay What You Wish」(ペイワットユーウィッシュ)開催

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/392576/LL_img_392576_6.jpg
「Pay What You Wish」(ペイワットユーウッシュ)
「ペイワットユーウィッシュ」とは、買い手が商品に対して支払う金額を自由に決められる料金システムです。欧米の博物館や美術館などでアートにふれられる人を増やそうと取り入れています。
わらび劇場では、「すべての人に劇場体験を!」と昨年初めて実施。多くの方に初めてわらび劇場でご観劇いただくことができました。この春はファミリーでお出かけする機会にミュージカル体験のお手伝いができれば幸いです。
事前予約は不要!受付で「ペイワットユーウィッシュで」とお伝えださい(座席の指定はできません。10名以上の団体様は対象外)。お支払いは観劇後。金額はご自身で決めてOK。観劇後のアンケートにご協力ださい。座席指定をご希望のかたは通常料金でご購入いただけます。

<対象公演>
4月27日 13:45開演、28日 13:45開演、29日 10:30開演
5月3日 13:45開演、4日 10:30開演、5日 10:30開演、6日 13:45開演


※手塚治虫の「塚」は旧字が正式表記。


<公演のご予約・お問合せ>
わらび劇場
TEL:0187-44-3915

あきた芸術村予約センター
TEL:0187-44-3939(9:30~11:30、12:30~17:00(月~土))


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

英CPI、4月は前年比+2.3% 予想ほど鈍化せず

ビジネス

中国人民銀、5月の融資拡大を金融機関に指示=関係筋

ビジネス

新発10年国債利回り1.0%に上昇、日銀正常化なら

ビジネス

S&P、ソフトバンクGの長期格付けを「BB+」に引
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 5

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 6

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 7

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「韓国は詐欺大国」の事情とは

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中