プレスリリース

人口減少の中、住宅市場を盛り上げる無料相談サービス マイホーム検討者の相談数が昨年比120%増

2024年04月25日(木)15時00分
GOEN株式会社(代表:三浦 康司、本部:大分県大分市羽田/東京オフィス:東京都中央区銀座)が提供する、住宅購入を資金計画から購入まで無料サポートする「おうちの買い方相談室」グループでは、日本の総人口が過去最大の83万人減少し、13年連続の人口減少が確認された中で、住宅市場への影響と当社の「おうちの買い方相談室」への問い合わせが前年に続き増加しています。

人口減少は住宅購入希望者の減少に繋がり、住宅会社のPR活動がさらに激化しています。これにより様々な情報に触れる多くの家庭が住宅購入に対してより慎重になっていることが観察されます。また、昨今の物価高騰・建築資材高騰・地価高騰等により住宅購入希望者がより綿密な資金計画とサポートを求める動きへに繋がっており、「おうちの買い方相談室」への関心が高まっています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/347272/LL_img_347272_1.jpg
おうちの買い方相談室(1)

【消費者・住宅会社ともに求められている住宅購入サポート・相談件数が増加中】
マイナス金利解除・地価の上昇など、一般消費者にとっては住宅購入価格が大きく上昇する要因が立て続けに取り上げられている中、当社が提供する「おうちの買い方相談室」では、今年1~3月の住宅購入相談数が昨年同時期と比較し120%増加しています。また、上記のような、住宅業界を取り巻く環境の変化により「おうちの買い方相談室」の店舗数も急上昇しております。

全国72店舗を展開している「おうちの買い方相談室」では150名を超える住宅購入診断士が、金融機関でも住宅会社でもない第3者の立場で、公正なアドバイスを行っております。特に土地や住宅購入時に必要な家族の生涯設計(ライフプラン)を踏まえたうえで総予算を考えることに重きを置き、住宅購入の専門知識を持ったファイナンシャルプランナーが共にお客様をサポートいたします。今回のような住宅価格の上昇により住宅購入を諦めているご家族や、金融機関の金利上昇、物価高騰等により住宅ローンが支払えなくなり、夢のマイホームを手放すことがないよう、購入者の未来を見据えた生涯設計に基づき、住宅購入総予算を一緒に考えていきます。
ご相談いただいた方からは「資金計画をしたうえで住宅会社選びを無料でサポートしてもらえて良かった」「住宅価格だけでなく土地の価格もふまえたうえで住宅予算の話を聴けて不安を解決できた」と、ご好評をいただいています。


【住宅購入の不安をプロが解消!生涯設計作成からアフターケアまで。完全無料の「おうちの買い方相談室」】
多くの住宅会社が提示する購入可能金額は、年収から割り出される「借り入れ可能金額」であり、実現したい暮らしを実現しながら払える住居費とはかけ離れている場合もあるため、住宅購入後の家計を不安がなくなるまでシミュレーションすることはとても重要です。

当サービスは住宅会社からの紹介料で成り立っているため、お客様は完全無料で、何度でもご利用いただけます。余裕のある生活を送りながら住宅ローンを返済できる生涯設計(ライフプラン)の作成や「家を買うにはまず何をしたらいいの?」「頭金は必ず必要?」といった、住宅会社・金融機関に聞きにくいような不安も解消するためのお手伝いをしています。

購入前には、適正予算診断、見積もりチェック、間取りアドバイス、土地探しなどのご相談はもちろん、購入後の修繕や改築、ライフプランの変更による相談も受け付けています。


おうちの買い方相談室HP: https://ouchino-kaikata.com/


【今後の展開】
「おうちの買い方相談室」のサービスは住宅購入を考えられている、主に子育て世帯の方に向けて住宅相談を無料で承っています。
住宅購入は一生に一度の大きな決断です。だからこそ、「おうちの買い方相談室」では、住宅購入のプロセスを一から無料でサポートし、安心して理想の家を手に入れるための「新しい常識」を提案しています。
現在、全国72店舗(2024.2月末時点※開業準備中含む)ある窓口をさらに増やし、これからも悩める住宅購入者のお手伝いを続けていく予定です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ICC、ネタニヤフ氏とハマス幹部の逮捕状請求 米な

ビジネス

FRB副議長、インフレ低下持続か「判断は尚早」 慎

ワールド

英裁判所、アサンジ被告の不服申し立て認める 米への

ワールド

ウクライナ、北東部国境の町の6割を死守 激しい市街
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 2

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 7

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 10

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた異常」...「極めて重要な発見」とは?

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 6

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 10

    プーチン5期目はデフォルト前夜?......ロシアの歴史…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中