プレスリリース

10月6日(木)「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2022」授賞式 ニューロマジックが「女性従業員の活躍実感度ランキング」で3位を受賞

2022年10月06日(木)19時00分
「EXPERIENCE AGENCY」を掲げ、デザイン(※)の力でクライアントの課題を解決する、株式会社ニューロマジック(本社:東京都中央区、代表取締役社長:黒井 基晴 以下 当社)は、2022年10月6日(木)国内における最大規模の女性アワード「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2022」の"女性従業員の活躍実感度ランキング 101名以上1,000名以下の部"において3位を受賞致しました。
※顧客体験を重視した幅広いデザイン領域(サービス、ブランド、コミュニケーション等)

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/329248/LL_img_329248_1.jpg
Forbes JAPAN WOMEN AWARD ニューロマジック

ニューロマジック: https://www.neuromagic.com/


■日本最大規模の女性アワード
Forbes JAPANは、女性向けのライフキャリア支援事業を展開する株式会社LiB協力のもと、女性リーダー、プロフェッショナルを続々と輩出している企業と、自ら道を切り拓き自分らしく働く女性を讃えるアワードを2016年に発足しています。本アワードでは、国内外の数々のリーダーを取り上げるForbes JAPANのグローバルな視点に加え、国内企業の人事担当者やD&I推進担当役員、社員等にサーベイを実施し、アドバイザー審査を経て、受賞企業・受賞者を決定しています。2022年は「女性活躍とダイバーシティ改革を、企業発の成長戦略へ」というアジェンダのもと、働き方と働く場を "REDEFINE" "REIMAGINE"する意義をイベントを通じて発信します。
HP: https://www.libinc.co.jp/women-award/2022/


■女性社員が6割超、女性管理職の割合も57%のニューロマジック
当社は特別「女性枠」「男性枠」での採用はしていませんが、女性の比率が62%、男性38%と過半数を超え、女性管理職の割合も57%、育児休業中・育児をしながら勤務している女性社員も14名おります。産休、育休、時短等々の通常の制度に加え、フレキシブルな勤務を認めるスーパーフレックス制度、リモートワーク支援手当の支給など、働き方や働く場所にとらわれずに業務に従事できる環境を整えています。しかしこれはことさら、「女性活躍推進」のために近年始めたことではなく、1994年の創立当初から「誰が言うかでなく、何を言うか」を尊重し、個を重んじる社風、組織全体としての協力的な雰囲気を「あたりまえ」とする風土が働きやすさの要因と考えられます。
これからも「あたりまえ」に男性の育休取得が増え、「あたりまえ」に女性がより深く経営の一端を担うような企業でありたいと考えております。そして働きやすさからうまれるサービスのクオリティ向上、多様性が生み出す新たな視点の創造により、顧客満足と事業成長を両輪で回し、さらなる事業の発展を目指します。


■活躍する女性社員紹介
フリーランスで翻訳、執筆もこなす管理職

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/329248/LL_img_329248_2.jpg
ニューロマジック永井

「サービスデザイングループ」 シニアサービスデザイナー/永井 菜月
当社で管理職としてユーザーインタビューなどの企画・実施から、調査結果を基にしたサービスの体験設計やブランドデザインを統括。toC/toB 問わず幅広い事業領域で伴走する。またフリーランスとしてアートブック等の翻訳+日本版コンテンツの制作など、社会課題を認識、理解、解決すべく執筆活動も行う。昨年アートブックを出版の際には、勤務を週4日にするなど柔軟な働き方を実現。

新潟から東京本社の役員秘書業務をこなす2児の母

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/329248/LL_img_329248_3.jpg
ニューロマジック江口

取締役付秘書、インバウンド、広報窓口業務/江口 綾
「なんといってもフルリモートが助かっています。全国どこからでも勤務可能な為、東京が本社でありながら、新潟で勤務できています。自分の生まれ育った地元で家族と暮らし、育児をしながら地元ではなかなかできないような仕事に関わることができ嬉しいです。通勤時間もかからないので、効率良く業務に従事でき、スーパーフレックス制度のおかげで急な子供の用事や行事などで中抜けし、再度業務に戻ることも可能です。夜のミーティングなどは家族の協力を得ています。」

ポーランドから日本へ移住、リーダーとして活躍

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/329248/LL_img_329248_4.jpg
ニューロマジックモニカ

インバウンドマーケティンググループリーダー・ビジネスデザイナー
モニカ・ヴァイスマン(Monika Weissmann)
ポーランド出身。2013年から日本に移住し、日欧米のブランディングとマーケティングを10年以上経験。2020年ニューロマジックに入社。ビジネスデザイナーとして、ブランディング、マーケティング、リサーチ、企業戦略、情報設計、UX、サービスデザインの経験を活かした総合ソリューションを提供。2021年から現職。


代表取締役社長 黒井 基晴

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/329248/LL_img_329248_5.jpg
ニューロマジック黒井

国際基督教大学教養学部卒業、BBT大学院大学経営学研究科修士課程(MBA)修了。90年代前半よりマルチメディアを演出に取り入れたプロジェクトに数多く参画。1994年ニューロマジック創業、現職。インターネット商用化のタイミングより数々のプロジェクトを牽引。
「サービスデザインとUX, UIを含んだ多種多様のサイト制作実績があり、ワンストップで柔軟に提供できることが弊社の強みです。今後もサービスデザイン、UX, UI等を中核に、広範囲のインタラクティブな課題解決、DX領域、アムステルダム拠点との連携によりSX(サステナビリティトランスフォーメーション)領域にも注力したビジネスを展開いたします。」
LinkedIn: https://www.linkedin.com/in/motoharukuroi/
note : https://note.com/motokuroi

取締役COO 木村 隆二

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/329248/LL_img_329248_6.jpg
ニューロマジック木村

早稲田大学商学部卒業。2005年当社入社。営業組織をゼロベースから構築し、現在の顧客サービス体制の礎を築く。2009年よりセールス、マーケティング、プラニング、プロジェクトマネジメント管轄の執行役員を務める傍ら、多業種に渡るクライアントワークを担当。2016年より現職。2017年サービスデザイングループ立ち上げ。アムステルダムオフィスの設立に関わり、海外事業も担当。


■ニューロマジック 会社概要
会社名 : 株式会社ニューロマジック
代表者 : 代表取締役社長 黒井 基晴
所在地 : 〒104-0045 東京都中央区築地6-16-1 築地616ビル3F
創業 : 1994年9月/創立1995年11月
資本金 : 57,060,780円
事業内容: コミュニケーションデザイン、サービスデザイン、ブランドデザイン、
各種クリエイティブ制作、トレーニング・レクチャー、
ビジネスディベロップメント、
サステナビリティ・トランスフォーメーション・コンサルティング
従業員 : 120名(男性46名/女性74名)※2022年9月現在
売上高 : 2021年8月期 1,017,338,526円
URL : https://www.neuromagic.com/
https://www.wantedly.com/companies/neuromagic

1994年にWEBインテグレーション領域で創業し、現在は「EXPERIENCE AGENCY」をスローガンにサービス、ブランド、コミュニケーションなど幅広いデザイン領域で事業を展開。2021年よりオランダの子会社と共にSX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)のコンサルティングもスタート。社会を取り巻く様々なステークホルダーの間を「ふさわしい体験の創造」で紡いでいく活動をしています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

WHO、サル痘の名称を「M痘」に変更 差別的との指

ワールド

ロシア、ウクライナ電力網など攻撃継続の可能性=NA

ビジネス

独と蘭でブラックフライデー、出足堅調 イタリアまち

ビジネス

米テスラ、「モデル3」の改良型を導入へ=情報筋

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが、子供を対象にして大炎上

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 7

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統領、2年前の「仕返し」か

  • 4

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 5

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 9

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 10

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 6

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中