コラム

麻薬取引は、メキシコの重要な「産業」だ

2016年04月30日(土)15時30分
麻薬取引は、メキシコの重要な「産業」だ

これまでに約12万人以上の死者を出している〝メキシコ麻薬戦争”を追った『カルテル・ランド』(c) 2015 A&E Television Networks, LLC

メキシコの麻薬戦争を追った衝撃のドキュメンタリー『カルテル・ランド』

 ニューヨークを拠点に活動するマシュー・ハイネマン監督『カルテル・ランド』は、以前コラムで取り上げたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の『ボーダーライン』と同じように、メキシコの麻薬戦争を題材にしている。ただしこちらは、劇映画ではなくドキュメンタリーである。

【参考記事】アメリカ本土を戦場化する苛烈なメキシコ麻薬「戦争」

 武装殺人集団に変貌を遂げたメキシコの麻薬カルテルは、一般市民も巻き込み、国家の基盤をも揺るがしかねない脅威となっている。ハイネマン監督は、そんな状況のなかアメリカとメキシコでそれぞれに行動を起こしたふたりの市民に注目する。彼らは、政府や警察がなにもできないのなら、自分たちの生活は自分たちで守るしかないと考え、自警団を結成し、麻薬カルテルに対抗していく。

麻薬カルテルと不法移民を一緒くたにするアメリカ側

 しかし、この映画に描き出されるのは、必ずしも麻薬カルテルと自警団の戦いではない。ハイネマンは、自分が巻き込まれてもおかしくない緊迫した状況に何度も遭遇しながら彼らの行動に密着し、複雑な背景や感情を炙り出していく。

 アメリカ側の舞台になるのは、アリゾナ州のアルター・バレー。退役軍人のティム・"ネイラー"・フォーリーは、"アリゾナ国境自警団"を結成し、仲間たちと武装してメキシコ国境沿いをパトロールしている。だが、彼の発言と実際の行動にはズレがある。彼は、国境を越えてくる凶悪な麻薬カルテルの脅威を声高に主張するが、自警団が捕らえているのはより良い生活を求める不法移民ばかりなのだ。そんな行動の背後には、移民に仕事を奪われる不安が見え隠れする。彼は麻薬カルテルと不法移民を一緒くたにし、差別的な感情にとらわれているといえる。

 これに対して、メキシコ側のドラマは予想もしない展開を見せる。舞台となるメキシコ中西部のミチョアカン州では、麻薬カルテル"テンプル騎士団"による抗争や犯罪が横行し、一般市民を巻き込んだ殺戮が繰り返されている。そこでホセ・ミレレスという地元の医師が立ち上がり、自ら銃を手にして自警団を結成する。彼はカルテルに支配された地域を回り、カリスマ的な指導力を発揮して住民たちの支持を集めていく。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 5

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 8

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 9

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 3

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 6

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 9

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!