最新記事

シリーズ日本再発見

岡山・群馬の地方創生は、あの起業家が担っている

2019年08月07日(水)11時30分
井上 拓

会社を大きくして、雇用を増やし、税金を納める、これが一番の社会貢献だ――。そう先輩経営者に教示されたことも過去にはあった。それでも、と田中さんは言う。

「たくさんの方々にお世話になって、現在の自分がある。何か社会に還元するような仕組み、そのためにエネルギーを使いたいという気持ちが芽生えました」

地元地域に目を向けると、地価公示価格が県庁所在地の中で最下位を争っていたり、都市部へ人材が流出していたりと、群馬に元気がなくなっていることを感じたという。そこで田中さんは「起業家が生まれる地域になれば、活力が生まれるのではないか」と考えた。

解決策の1つとして、次代を担う起業家を育成するため、2013年に「群馬イノベーションアワード」を開始する。「求む、出る杭!」をキャッチフレーズに、ビジネスプラン部門、スタートアップ部門、イノベーション部門を募集。エントリー数は右肩上がりで、2018年には402件にまで広がっている。

翌2014年には、無料で受講できる群馬発のビジネススクール「群馬イノベーションスクール」も開講した。起業家教育の地域格差を是正するような取り組みだ。さらに、先述のアワード入賞者などを対象に、シリコンバレーなど先端的な企業の視察訪問をする海外研修ツアーも毎年実施している。

japan190807okayamagunma-3.jpg

「群馬イノベーションアワード2018」のフィナーレ ©上毛新聞社

前橋は特筆すべき個性がないが、「いいものが育つ」まち

その情熱は起業家育成にとどまらない。田中さんは、前橋市中心街の廃業した老舗ホテルの再生を依頼されたことをきっかけに、まちづくりに深く入り込むようになる。そうして気付いたのは、そもそも一貫したまちづくりができていないことや、前橋独自の長期ビジョンがないこと。現在に続く官民一体で推進する「前橋まちなか活性化プロジェクト」はこうした課題感から始まったという。

「前橋市はどういうまちか? 長期的視点の理念や哲学があるか? そして地域の資源や風土を識別し、効率的に活用しているか?」が地方再生に必要なものだと、田中さんは話す。その答えを探るべく、ドイツのブランディングファームKMS TEAMをパートナーに、地域の調査リサーチやインタビュー、3000人ものアンケートに着手した。

「前橋には価値観があり受容性もあるけれど、特筆すべき個性がない。ただ、個性がないのは別に構わない。実は、多くの分野で活躍する出身者も多く、前橋は『いいものが育つ』まちである、ということが分かってきました」

そこから「Where good things grow」という言葉が生まれ、さらに同じく前橋市出身である糸井重里氏のボランティア協力により、「めぶく。」という前橋のビジョンを2016年に発表した。

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 9

    アメリカ日本食ブームの立役者、ロッキー青木の財産…

  • 10

    新型コロナウイルス、クルーズ船の悲劇はまだ終わっ…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 3

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 6

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 7

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

  • 8

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 9

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 10

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 9

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 10

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!