コラム

対テロ戦争「元首殺害」の正義

2011年05月11日(水)15時43分

 戦争で相手国の元首、司令官を殺害して軍隊の指揮系統の壊滅を図ることを「ディキャピテーション(首切り、意訳すれば元首殺害)」と言う。歴史上、暗殺を含めて様々な手段でこのディキャピテーションは実行されてきた。アメリカとアルカイダの戦いは「相手が国家ではなくテロ組織の非対称戦争」と言われているが、この場合でもビンラディン殺害がアルカイダの指揮系統を破壊するためのディキャピテーションだったことは確かだ。

 現代の戦争でこうした作戦が公然と実行されることは、それ程多くない。まず何よりも実行が難しいからだ。今回米軍は、他国とは言え同盟国のパキスタンでかなり好き勝手に攻撃用のヘリや特殊部隊を展開して、殺害作戦を成功裏にやり遂げた。ただこれまで10年に及ぶビンラディン追跡の経過で明らかな通り、標的の所在を確認して確実に殺害を実行することは、最高レベルの軍事技術を持つ米軍でも容易ではない。

 さらにこうした「元首殺害」を国際社会で正当化できるか、という問題がある。ほとんど「暗殺」に近い今回の殺害手法に対しては、アメリカの国内外から批判が出ている。殺害を前提として他国のパキスタンで作戦を実行したことについては違法性まで指摘されている。

 もちろん米政府は正当性を主張している。殺害を発表したオバマが「正義はなされた」と開き直ったのは、多分に後ろめたさがあるからだろう。議会上院の司法委員会でビンラディン殺害の正当性を問われたホルダー米司法長官は、第2次大戦中に、真珠湾攻撃を指揮した日本の山本五十六連合艦隊司令官が乗った軍用機を撃墜した米軍の作戦を例にあげ、「敵の司令官を標的にすることは合法だ」と答えている。

 9・11テロ以降のアメリカは、アフガニスタン、イラクで対テロ戦争を拡大し、これまでテロリストにとどまらず当事国の一般市民、そして自国の兵士に多くの犠牲者を出してきた。ハーバードのロースクールで法律を学んだエリート弁護士でもあるオバマが、自ら手を汚すことを決断した今回の作戦を、真正面から批判できるアメリカのメディアは少ないだろう。

 それでは、「リビアのカダフィにも北朝鮮の金正日にも、ディキャピテーションをやればいいじゃないか」という議論もあるかもしれない。しかし仮にも国際社会で国家と認められた元首を殺害すれば、その後の当該国の治安回復、社会復興といった大きな責任が生じてくる。アフガニスタン、イラクの2カ国で民主化、復興という難しい課題と格闘するアメリカが、さらに戦線を拡大することなどできるはずがない。

 「正義」にも、優先順位がある。ハーバード大学のサンデル教授だったら何が正義だと考えるのだろうか? ぜひ聞いてみたいものだ。

――編集部・知久敏之

このブログの他の記事を読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

ニュース速報

ビジネス

地銀と戦略的に連携、資本提携にこだわらず=りそなH

ワールド

欧州当局、コロナワクチンは時間かけ審査 拙速な認可

ワールド

フランス、国外でのスキー阻止へ国境検査実施 コロナ

ワールド

バイデン次期米大統領、対中通商合意第1弾を直ちに破

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す研究結果

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 6

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 7

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 8

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 9

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期…

  • 10

    アメリカ中西部にコロナ感染の大波 医療現場は崩壊…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 9

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 10

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!