コラム

美しすぎるテニス選手の重婚問題〜インド

2010年04月19日(月)22時21分

 ここ数週間、インド・メディアを賑わせてきたインドの女子テニス選手サニア・ミルザ。

 彼女は世界中のテニスファンにも知られた存在で、インドではテニスの実力もさることながら、その美貌でかなりの人気だ。ファッションブランドなどのスポンサー契約で数百万ルピーを稼ぐほど。2005年にはWTAツアーでインド人として初めて優勝を果たしている。

 そのサニア・ミルザが23歳で今月12日に結婚した。相手はパキスタンのクリケット選手で28歳のショアイブ・マリク。

 インド女子テニス界の新星でルックスも見事、となればそのプライベートが話題になるのはしかたないのかもしれない。

 ただ騒がれた理由はそれだけではない。結婚にまつわる話が劇的だった。2004年に出会った二人だが、ミルザにはずっと婚約している幼なじみの男性がいた。だがその男性とは結婚には至らず、マリクとの恋を実らせた。

 そして2人は結婚を発表したのだが......とんでもない事実が発覚する。

 マリクは実は既婚者だった。結婚発表を知ったマリクの妻が4月4日、警察に不貞行為や脅迫の訴えを起こしたのだ。警察は結婚している事実への捜査を開始し、マリクのパスポートを押収するなどした。当のマリクは一方で、取材などに積極に応じて弁明した(実際に婚姻届から2002年に結婚していたことが確認された。マリクは「その女性とは長く付き合って結婚するつもりだった」と認めたものの、破談になったと主張し続けた)。

 結局、逮捕が現実的になったところで、ミルザの家族と地域の年長者らが仲裁に入り、7日までに結婚していたことを認めた上で、離婚届けにサインした。日本などでは考えられない話だ。

 しかしこの結婚が大騒動になった理由は他にもある。

 まず新郎がパキスタン人で新婦がインド人であること。両者ともイスラム教徒なので結婚自体には問題はないが、パキスタンとインドは1947年の分離独立以降、ずっとライバル関係にある。3度の戦火を交え、核兵器開発競争を繰り広げ(両国とも核保有国)、今も北部カシミール地方での紛争が続き、両国間でテロなどが頻繁に発生している。

 その両国出身者の結婚。特にパキスタンでクリケット選手と言えば英雄的な存在で、マリクはキャプテンを務めたこともある人物。一方のミルザもインドの星。メディアなどが政治的な問題と絡めようとするのはしょうがないともいえる。(ちなみにテニスウェアは肌の露出が多いため、イスラム教徒の彼女はインドなどでイスラム主義者などから非難の的に。08年に今後インドの大会には出ないと発表した)

 ミルザは「私はパキスタン人と結婚したのではなく、人と結婚した。どこ出身でも関係ない。みんな政治的な話にしたがるけど、普通の人が結婚したに過ぎないわ」と結婚後に語った。
 ムンバイ生まれのミルザ、ボリウッド映画ばりの無茶苦茶なドラマだ。

ーー編集部・山田敏弘

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

韓国LGエナジー、24年売上高見通し引き下げ EV

ワールド

北朝鮮のごみ風船、飛行機の離発着に影響 建物屋上で

ビジネス

日産、今期営業益5000億円に下方修正 販売は予想

ビジネス

英当局、ファイザーの新型コロナワクチン承認 JN.
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story