コラム

ユーロ危機を予測していたフリードマン

2010年02月16日(火)11時12分

 EU(欧州連合)首脳は12日、債務危機の焦点になっているギリシャを支援すると発表した。ヨーロッパの銀行はギリシャを始めとする欧州の落ちこぼれ国(PIIGS=ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペイン)にたくさんお金を貸していて、破綻されては困る。だがもっと恐ろしいのは、PIIGS諸国のどこかがユーロから離脱してしまうことだ。そうなればユーロの信認は失墜するだろうし、心血を注いできた欧州統一の理想は破れてしまう。

 突然のユーロ危機に市場は不意を突かれたそうだ。皮肉なことに、金融危機ですべての国が凹んでいた時のほうがユーロは安泰で、今回の危機はドイツなど一部の国の景気が上向き出したことが原因で表面化したという(詳しくは2月17日発売の本誌参照)。

 だが、ユーロ危機は予測されていた。ノーベル賞経済学者でマネタリストの故ミルトン・フリードマンは、99年のユーロ発足前から「ユーロ圏は最初の深刻な景気後退を乗り切れない」「寿命は15年」と言っていた。加盟国は通貨主権を欧州中央銀行(ECB)を委ね、独自の金融財政政策がとれなくなるからで、イギリスがユーロに参加しなかったのもそのためだ。またフリードマンは01年、90年代から高成長を続けたアイルランドについて、金融を引き締めるべきなのにユーロに縛られてできなかったと指摘していた。アイルランドではその後、不動産と金融のバブルが起こって07年に破裂する。金融危機後は市場原理主義者として悪の権化にされてしまったフリードマンだが、やっぱり巨人は巨人だ。

 それにしても、ただでさえドルへの不信が募っている時にユーロのこのつまづき。中国のようなお金持ちは、いったい資産を何で運用したらいいのか改めて思案を始めていることだろう。中国が提案したIMF(国際通貨基金)の特別引出権(SDR)を世界の基軸通貨にする案や、ロシアが主張する世界共通通貨、日本が提案するアジア共通通貨などの構想はどうなるのだろうか。ユーロに欠陥があるならこれらもダメなのか、それともドルやユーロに代わる未来通貨としてますます重要になるのだろうか?

--編集部・千葉香代子

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

韓国と中国、外交・安保対話開始へ 3カ国首脳会合前

ワールド

北朝鮮、衛星打ち上げを日本の海保に通告 6月4日午

ワールド

岸田首相、日本産食品の輸入規制撤廃求める 日中首脳

ワールド

台湾の頼総統、中国軍事演習終了後にあらためて相互理
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story