コラム

バンクーバー五輪の環境「銅メダル」は本物か

2010年02月22日(月)18時30分


 バニティ・フェア誌のコラムニスト、クリストファー・ヒッチェンズは本誌2月24日号への寄稿で、既に終わったスポーツの結果が新聞の一面に載るのはごめんだと書いている。新聞では世界が抱える問題を知りたい、と。

 そんな彼も 「環境にやさしい五輪の嘘」という記事が1面に載っていたら、きっと読みたくなるだろう。

 確かに、バンクーバー五輪組織委員会(VANOC)は「史上最も環境にやさしい五輪」を喧伝し、徹底して二酸化炭素(CO2)の排出量を減らすよう試みている。

 例えば選手村では、汚水の熱を利用して暖房を供給したり、水力発電を利用したりしている。会場と選手村を結ぶバスは、古い油を利用したバイオディーゼルで動く。メイン会場の1つであるスピードスケートリンクの天井には虫食い被害にあった地元のマツ材を利用するなど、「持続可能」にもこだわった。

 また五輪史上初めて、カーボンオフセットスポンサーを導入。カーボンオフセットとは、排出される温室効果ガスを相殺するために、温室効果ガスを削減する活動に投資すること。カナダの環境コンサルタント企業オフセッターズが公式スポンサーとなり、大会の直接的運営によって排出される11万8000トンのCO2を相殺するために必要な500万カナダドルを供出。ブリティッシュコロンビア州のクリーンエネルギー事業に投資する計画だ。

 カナダを代表する環境活動家のデービッド・スズキが主宰するスズキ財団はこうした試みを評価し、2月3日、バンクーバー五輪のエコ度は「銅メダル」に値すると発表した。(公共
交通網の整備や、世界への環境イニシアチブの発信に課題があるとして金メダルには至らなかった)。
  
 だが、本当にメダルに値するのだろうか。トロント・サン紙は、VANOCがスズキを利用してエコ五輪をPRしただけ、と指摘。スズキ財団はVANOCの報告書をもとに評価しただけであり、バンクーバー五輪は「意図的に緑に塗られた」と書く。

 オフセッターズが相殺するのは、直接的運営によって排出されるCO2のみ。観客や選手、スポンサーの移動に伴って発生する残り15万トンについては宙に浮いている。観客やスポンサーにはオフセッターズのサイトで自主的にカーボンオフセットを購入するよう促しているが、観客が自分の排出するCO2に関心を持つとはかぎらない。15万トンといえば、中型の車2万8000台が1年間に排出する量に匹敵する。
 
 それに、雪不足のために会場に雪を運ぶヘリコプターやトラックが排出するCO2は?(VANOCは雪の輸送の影響は1%未満だと主張)。アメリカから車でやって来るだろう大勢の観客が排出する大量のCO2は? さらには会場建設のための森林破壊についてはどう説明するのか。バンクーバーとウィスラーを結ぶ高速道路は森を切り崩して建設され、06年には建設に反対して座り込みを行ったバンクーバー市民が逮捕されている。

 湾には警備のために動員する警官や兵士5000人の宿泊施設として3隻の豪華客船を停泊させ、電気や暖房に大量のディーゼル燃料を使用している。しかしここで使用するエネルギーは、パルス・エネルギーが提供する五輪会場のエネルギー利用モニターには含まれていない。

 過去の五輪に比べればバンクーバー五輪のCO2排出量は確かに減りそうだが、それでも大量のCO2を吐き出すことに変わりはない。

 もっとも、地球温暖化ガスが大量に発生するのはバンクーバーに限った話ではない。肥大化する五輪(とサッカーW杯などのスポーツイベント)が抱える共通の問題だ。それなら五輪なんてやめちまえ、という過激な声も聞こえてきそうだが、現実的でないだろう。だとすれば、将来は現地での観戦は禁止、観客は映像だけで楽しむという選択肢もあり得るかもしれない。3Dテレビが普及したら、それも悪くないかもしれない。テレビの買い替えはエコに反するという声はさておいて。

----編集部:小泉淳子

このブログの他の記事も読む

  キャンプ・シュワブ陸上案もダメな理由

  『プレシャス』で魅せたモニーク

  積雪80cmは、序の口?!

  ビル・クリントンに寝だめのすすめ

  世界報道写真展:審査の裏側

  イルカ猟告発映画『ザ・コーヴ』は衝撃的か

  ミシェル・オバマの肥満撲滅大作戦

プロフィール

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:香港へ向かう中国富裕層マネー、制度緩和で

ワールド

焦点:ロシアに今も溢れるナイキやレゴ、背後にグレー

ビジネス

NY外為市場=ドル/円8週間ぶり高値、米PMI受け

ワールド

イスラエル、ガザ全域で攻勢 45人死亡 ラファ攻撃
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 2

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

  • 3

    電気自動車「過剰生産」で対立するG7と中国──その影にジンバブエのリチウム鉱山開発ブーム、現地でいま何が?

  • 4

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…

  • 5

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 8

    都知事選、蓮舫候補の「二重国籍」問題の事実関係を…

  • 9

    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由

  • 10

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 4

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story