コラム

世界報道写真コンテスト:審査の裏側

2010年02月19日(金)18時30分

 昨年1年間に世界中のメディアで発表された写真の中から最高峰を決める世界報道写真コンテスト(World Press Photo)の審査員として、2月3日〜13日までアムステルダムに行ってきました。世界的に最も権威ある写真コンテストのひとつで、12日に各賞が発表されました(関連記事)。受賞作品は展覧会として世界中を毎年巡回しており、日本でも「世界報道写真展」として国内数カ所を巡回していますので、ご存じの方も多いと思います。

 審査は極めてたいへんな作業でした。大賞の他に細かくスポットニュース、社会問題、スポーツなどの10カテゴリーに分かれ、それらがさらに組写真(ストーリー)、単写真(シングル)の部門に分かれるので、2ラウンドの審査期間中に10万1060点の作品の中から20部門の1〜3位を選び、さらに大賞を決めます。初期段階では写真が大きなプロジェクターで映し出されボタンを押してジャッジしますが、多数決で落選した作品でも、自分が納得できない場合はキリのよいところで見直し、理由を説明して議論します。企画のプレゼンのようですね。何度も異論が出て全く進まない時もありました。

 また、写真家は番号制で名前が伏せられ、審査員自身が何らかの形で関わった作品については説明義務があり、公正が保たれます。他の審査員は米ナショナル ジオグラフィック誌、英ガーディアン・ウィークエンド誌などのフォトエディターや有名写真家で、フォトジャーナリズム、撮影方法やストーリーの構成、評価の視点、撮影後の写真の扱いなどあらゆる点においての突っ込んだ意見交換は、多くを学んだ10日間でした。ある晩オランダ王室のコンスタンティン王子が激励に現れて驚いたことも。

 

大賞を絞り込む 最終候補はさらに大きなプリントとなって机に並ぶ
 

 今年の応募作品には、世界中のメディアが大挙して押し寄せた大事件、大災害、イベントが比較的少なかったことで、作品の弱さを危惧する向きもありましたが、結果的には、被写体へのアプローチや撮影方法のユニークさ、コンセプトの面白さなどを感じられるバラエティに飛んだ入賞者リストになったと思います。

 今回の大賞には「世界報道写真」と言われてすぐ思い浮かぶような激しい衝突や嘆く人、兵士、遺体などが写っていません。まず美しく静かな中にある強い緊張感に引き込まれ、世界中に報道された大ニュースがごく普通の日常にうごめき、彼らに何が起こっているのかを深く考えされられる作品です。この写真を大賞に選ぶのは審査員たちにとってある意味チャレンジで、議論も白熱し長い時間をかけて各自の意見を出し尽くした上での投票になりました。大賞には今年も含めて毎回賛否両論が欧米写真業界を中心に巻き起こりますが、読者の皆さんにはどう映るでしょうか。

 さて、本誌には写真特集ページ「ピクチャーパワー」という連載があります。掲載作品のうち、今回のコンテストに入賞した「母なるイングランドを探して」「俺たちは数時間前に大統領を殺した」は、本誌ウェブサイトで見ることができます。また、2月11日号掲載ピーター・ビアブルゼスキの「都会の陰に潜む失われた楽園」、今回は別作品で入賞したユージン・リチャーズの作品、ピクチャーパワー以外でも昨年1月巻頭を飾ったチャールズ・オマニーのオバマ大統領就任式の写真などをはじめ多くの秀作を掲載しています。

 是非、本誌の写真にご注目ください。

他の記事も読む

関連記事:世界報道写真コンテスト 「抗議の叫び」が大賞に

関連記事:世界報道写真コンテスト「今年最高の一枚」など存在しない

――編集部・片岡英子

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏CPI、11月速報値は前年比ー0.3% 4

ワールド

菅首相と小池都知事、高齢者などのGoToトラベル自

ビジネス

イタリア成長率、第3四半期は前期比+15.9% 回

ビジネス

世界経済、コロナ危機の峠越す 来年は4.2%の成長

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 3

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、バイデンのリードが拡大に

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 6

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 7

    「実は誰も会った人がいない」韓国政界で囁かれる文…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 10

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 9

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 10

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!