最新記事

メルマガ限定ページ

中国がインターポールを政治利用

2017年05月08日(月)18時30分
中国がインターポールを政治利用

国際刑事警察機構(インターポール)の孟宏偉総裁(右、2016年8月撮影) REUTERS

<昨年11月、国際刑事警察機構の総裁に中国公安省幹部が選出された。中国が刑事捜査に政治を持ち込むのではないかと懸念されたが、それが今、現実となっている>

190の国・地域が加盟する国際刑事警察機構(インターポール)の総裁に、中国公安省の孟宏偉(モン・ホンウェイ)次官が選出されたのは昨年11月。刑事捜査に政治を持ち込む中国流のやり方がインターポールに悪影響を及ぼすのではないかと懸念する声は当初からあった。

その懸念がここへきて再燃している。2年前に国外逃亡し、現在はアメリカ在住の不動産王・郭文貴(クオ・ウエンコイ)に対し、インターポールが国際逮捕手配書を発行したからだ。

郭は3月、アメリカの中国語メディアの取材に応じ、中国共産党最高幹部の1人だった賀国強(ホー・クオチアン)元党中央規律検査委員会書記の一族が、政治的コネを使って大手証券会社の株式をひそかに取得したと告発。さらに詳しい情報を暴露すると予告していた。

この報道の後、インターポールは中国の元高官への贈賄容疑で郭の手配書を出した。香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポストによると、中国政府の求めに応じたものだという。

「第19回共産党大会まで、あと半年ほどしかない。習近平(シー・チンピン)国家主席は党内の主導権争いで不利になる動きを嫌がっている」と、中国政治に詳しいジャーナリストのビル・ビショップはこの一件の背景を説明する。

郭は3月のインタビューで、習側近の王岐山(ワン・チーシャン)党中央規律検査委員会書記の名前も出していた。「王一族をめぐる汚職や権力者同士の党内抗争が暴露されれば、党大会に向けた習の人事構想の妨げになりかねない」

だが、郭は国際手配を出されても沈黙しなかった。先週のボイス・オブ・アメリカ(VOA)とのインタビューでは、さらに数人の高官とその一族の汚職や不正行為を告発した。

ただこの番組は放送途中で中断された。ニューヨーク・タイムズ紙によれば、中国外務省の圧力があったという。

ベサニー・アレン・イブラヒミアン

From Foreign Policy Magazine

[2017年5月2日&9日号掲載]

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!