Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2013.2.12号(2/ 5発売)

特集:なぜ日本は誤解されるのか

2013年2月12日号(2/ 5発売)

Cover Story

右傾化から歴史・領土問題、「失われた10年」論争まで
日本の国益を損なう世界の誤解と勘違い

特集 日本が世界から誤解される理由

外交 欧米が誇張する日本の「右傾化」

歴史認識 国益損なう「河野談話」見直し

中国 僕が「反日」をやめた理由

アジア 中韓には見えない靖国神社の実像

経済 日本は衰退などしていない

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

オバマが探る対テロ戦争の出口

西アフリカ フランス軍の介入でイスラム過激派から解放されたマリに残る対立
NewsBeast
InternationaList
The United States ようやく手にした国務長官の座
Israel シリア空爆に込めたイスラエルの計算
Syria 泥沼シリアで処刑が止まらない
Iran イラン核開発ゴリ押しにロシアが警戒
Britain リビアを電撃訪問したキャメロンの思惑
Egypt エジプト軍、クーデター説の真実味
Turkey 米大使館自爆テロとシリアをつなぐ点と線
The United States 中国ハッカー、Nyt攻撃の意味
Asia
North Korea 中国も驚く北朝鮮の核の実力
India 北京よりひどい?インドの大気汚染
China Sns支配も得意の人海戦術で
Philippines サンゴ礁破壊で高まる反米感情
U.S. Affairs
銃撃を生き延びた元議員、議会に魂の苦言
保守派にすり寄る次期国防長官の「変節」
Business
ついにサムスンを切ったアップルの勝算
現代版マーシャルプランがユーロ圏で動きだす
Poeple
「爆発のシーンはあえて入れなかった」
アン・ハサウェイを皮肉る爆笑動画が登場
FEATURES
イタリア 懲りない元首相の復活大作戦
米政治 オバマ政権2期目の「女性問題」
エネルギー 中国も追うシェールガスの野望
科学 深海の女王、最後のダイブ
テクノロジー グラフサーチの野心的な未来
医薬品 バイアグラにダイエット効果?
CULTURE
Fashion ミシェル・オバマを輝かせる男
Movies クールに笑える小さな恋の逃避行
Movies 「12歳で夢見た恋を再現したかった」
Art パックマンがウォーホルと並ぶ日
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…
  • 9
    世界で最も美しいAIが決定...初代「ミスAI」はモロッ…
  • 10
    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中