Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2024.4. 9号(4/ 2発売)

特集:アメリカが見た大谷の真実

2024年4月 9日号(4/ 2発売)

Cover Story

完全無欠のスター・大谷翔平に何が起きた? 水原一平・元通訳と大谷本人の前途は?

MLB 「オオタニはシロ」に賭けるべき理由
メディア 現地記者が見た大谷の真実
ビジネス 通訳は選手のライフライン
アメリカ社会 米スポーツ賭博は無法地帯
主張 アメリカ人の心理が大谷の運命を決める
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

癌のキャサリン妃を妬むのは

イギリス 王室メンバーが早期発見の一方で、国民は何カ月もの治療待ち
【Periscope】
EU ウクライナ農産物の免税がEU加盟の足かせに
CHINA 中国の無人偵察機が初めて日本海上空に
POLAND バルト海のGPS妨害はロシアが発信源?
GO FIGURE 最新版・世界の大富豪、トップはあの人
【Commentary】
分析 韓国医師ストの「ああ無情」── 木村 幹
共産党 香港の中国化計画が大詰めに ── 練乙錚
政治 欧州で排外主義が流行る訳 ── フェデリコ・フビーニ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 トランプ「流血」発言の真意 ── ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 大規模緩和終了の日本を待つ試練 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 家族にケチだと責められるけれど
森達也の私的映画論 『オッペンハイマー』で映画的野心を目撃せよ ── 森 達也
【World Affairs】
中東 バイデンに喧嘩を売るネタニヤフの頭の中
米政治 トランプの新資金源、ジェフ・ヤスは何者?
【Features】
回想録 最後の戦場からの脱出を夢見る
Q&A 命のニアミスを乗り越えて
【Life/Style】
Movies 過去を受け入れ、自分を取り戻す
Music アフリカ音楽が世界のメジャーに
Finance Z世代のポケットはキャッシュでいっぱい
Drama シャーリー・チザムを知ってほしい
My Turn 2028年、マンモスが地上を歩く
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 情景の「やまびこ」が日加で共鳴する
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 冤罪の一因はマスコミ報道にある ── 西村カリン
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 8

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 9

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 10

    マレーシアの砂浜で、巨大な「グロブスター」を発見.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中