Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.6.14号(6/ 7発売)

特集:ISISと中東

2016年6月14日号(6/ 7発売)

Cover Story

追い詰められた自称イスラム国はこのまま消え去るのか。残虐集団ISISの行く末と「次の中東の姿」を読み解く

分析 「ISIS後」のシリアと世界の行方
■勢力 支配地域縮小後もISISの拡散は続く?
軍事 対ISIS作戦は安くつくか…
テロ組織 ISISとアルカイダが1つになる日
ダゲスタン ISISの脅威がロシアに飛び火する
過激派 インドネシアにも及ぶISIS少年兵の勧誘

仲裁裁判がまく南シナ海の火種

アジア 国際裁判所の判決で中国とフィリピンの紛争は激化するのか
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES ヒラリーが放った「パンチ」の効き目
CHINA 中国は南シナ海にADIZを設置するか
GERMANY 「虐殺」でドイツとトルコに亀裂
UKRAINE 帰還した英雄がウクライナ政府を脅かす?
VENEZUELA 国内外で強まるベネズエラへの圧力
UNITED STATES トランプのはったりに一喜一憂は禁物
FRANCE 労働法改正騒ぎで観光大国が窮地に
Asia
CHINA 中国PKO拡大に死の代償
NORTH KOREA 北朝鮮のサイバー強盗作戦
Offbeat
菜食カフェをネオナチが襲った訳
「象はうまかった」と白状した議員に猛批判
People
リングと米社会で戦い続けたモハメド・アリ
【FEATURES & ANALYSIS】
米大統領選 トランプ稚拙外交に源流あり
中東 制裁続くイラン、核合意崩壊の危機
南米 崖っぷちでもなぜか強気のルセフ大統領
ブラジル 水質汚染がリオ五輪を台無しに?
社会 韓国が進める新たな「太陽政策」
環境 白化サンゴを救う切り札
技術 フェイスブックのAIが16億人を丸裸に
テクノロジー 噂のブロックチェーンって?
エネルギー 太陽電池で夜も飛ぶソーラー飛行機
【LIFE/STYLE】
Music 人間的で切ないポールの素顔
Movies 美しきAIが不安を呼ぶ『エクス・マキナ』
Movies ヨーヨー・マが導く国境なき音楽団
Work 妻の家事負担の重さは土地柄のせいかも
Television 犬になりたい男たち
Travel ドイツで極上インド式デトックス
【DEPARTMENTS】
Picture Power 密猟とブッシュミート売買の現実

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 3

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

  • 4

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 7

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 8

    イランによるウクライナ機撃墜の悲劇 なぜ飛行禁止…

  • 9

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 10

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 8

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 9

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 10

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!