コラム

ワクチン効果で「自由への道」を邁進するイギリスの4段階ロードマップ それでも新たな死者は5万4800人に

2021年02月23日(火)18時08分

ロックダウンからの出口戦略を発表したジョンソン首相(2月22日)  REUTERS-Leon Neal

[ロンドン発]コロナワクチンの接種者が1700万人を超えたイギリスで2月22日、ボリス・ジョンソン首相が「私たちは今、自由に向かって逆戻りしない旅を続けている」と、3月8日から学校閉鎖やロックダウン(都市封鎖)を段階的に解除していく出口戦略を発表した。

スコットランドの疫学調査でワクチン接種により入院する可能性は85~94%も減ることが確認された。英インペリアル・カレッジ・ロンドンの専門家チームは、出口戦略を急げば来年6月末までに10万人以上が死亡する恐れがあると、経済再開を声高に主張する保守党内強硬派を強く牽制した。

イギリスのワクチン接種者は2月22日時点で1772万3840人(うち2回接種は62万4325人)。100人当たりの接種回数は先進国ではイスラエルの85回に次いで多い26.8回。ちなみにアメリカは18.9回、ドイツ、欧州連合(EU)平均の6回、イタリア5.8回、フランス5.5回だ。

スコットランドでは昨年12月から今年2月までに65万人が米ファイザー製ワクチン、49万人が英アストラゼネカ製ワクチンの接種を受けた。査読前論文によると、1回目の接種から4週間後の時点で入院するリスクはファイザー製で85%、アストラゼネカ製で94%も減っていた。

80歳以上では入院リスクは2種類のワクチンを平均して81%減少していたという。

4段階ロードマップ

ワクチンの有効性がイギリスでの集団予防接種でも改めて確認されたことを受け、ジョンソン首相は記者会見で4段階ロードマップを明らかにした。

■第1段階

3月8日~ 学校や大学の閉鎖解除、対面授業を再開。介護施設の入所者は、検査で陰性が確認され感染防護具を着けた定期的な訪問者1人と面会できる。ピクニックの外出は許され、家族以外の1人とだけ会える。

3月29日~ 6人または2世帯の屋外集会認める。屋外のテニスコートやバスケットボールコート再開。外出禁止を終了。

■第2段階

4月12日~ 美容院、ネイルサロン、図書館、コミュニティーセンター、動物園、テーマパーク、ドライブインシネマ再開。レストランやパブ、バーの屋外営業再開。

■第3段階

5月17日~ 30人未満の屋外集会。屋外のシネマや劇場を再開。6人または2世帯まで屋内集会認める。レストランやパブ、バーの屋内営業とホテル再開。屋内イベントは1千人。屋外イベントは4千人、座席指定は1万人。結婚式の参加者は30人まで。

■第4段階

6月21日~ 社会的距離政策を解除。7月末までにすべての成人に1回目のワクチン接種を終了。9月3日にナイトクラブ再開。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

米国債利回り上昇懸念せず、FRBの新枠組み機能=ミ

ビジネス

米2月雇用37.9万人急増、飲食業の回復目立つ 失

ビジネス

暗号資産売買高、2月は17%増=調査会社

ワールド

WHO、中国調査報告を今月中旬に公表

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 4

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 5

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 6

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 7

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 8

    医学的な意味はゼロ? 外国人に対する中国の「肛門PC…

  • 9

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 10

    日本株投資だけやっている人にとっても、テスラが無…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 6

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!