コラム

ワクチン効果で「自由への道」を邁進するイギリスの4段階ロードマップ それでも新たな死者は5万4800人に

2021年02月23日(火)18時08分

ロックダウンからの出口戦略を発表したジョンソン首相(2月22日)  REUTERS-Leon Neal

[ロンドン発]コロナワクチンの接種者が1700万人を超えたイギリスで2月22日、ボリス・ジョンソン首相が「私たちは今、自由に向かって逆戻りしない旅を続けている」と、3月8日から学校閉鎖やロックダウン(都市封鎖)を段階的に解除していく出口戦略を発表した。

スコットランドの疫学調査でワクチン接種により入院する可能性は85~94%も減ることが確認された。英インペリアル・カレッジ・ロンドンの専門家チームは、出口戦略を急げば来年6月末までに10万人以上が死亡する恐れがあると、経済再開を声高に主張する保守党内強硬派を強く牽制した。

イギリスのワクチン接種者は2月22日時点で1772万3840人(うち2回接種は62万4325人)。100人当たりの接種回数は先進国ではイスラエルの85回に次いで多い26.8回。ちなみにアメリカは18.9回、ドイツ、欧州連合(EU)平均の6回、イタリア5.8回、フランス5.5回だ。

スコットランドでは昨年12月から今年2月までに65万人が米ファイザー製ワクチン、49万人が英アストラゼネカ製ワクチンの接種を受けた。査読前論文によると、1回目の接種から4週間後の時点で入院するリスクはファイザー製で85%、アストラゼネカ製で94%も減っていた。

80歳以上では入院リスクは2種類のワクチンを平均して81%減少していたという。

4段階ロードマップ

ワクチンの有効性がイギリスでの集団予防接種でも改めて確認されたことを受け、ジョンソン首相は記者会見で4段階ロードマップを明らかにした。

■第1段階

3月8日~ 学校や大学の閉鎖解除、対面授業を再開。介護施設の入所者は、検査で陰性が確認され感染防護具を着けた定期的な訪問者1人と面会できる。ピクニックの外出は許され、家族以外の1人とだけ会える。

3月29日~ 6人または2世帯の屋外集会認める。屋外のテニスコートやバスケットボールコート再開。外出禁止を終了。

■第2段階

4月12日~ 美容院、ネイルサロン、図書館、コミュニティーセンター、動物園、テーマパーク、ドライブインシネマ再開。レストランやパブ、バーの屋外営業再開。

■第3段階

5月17日~ 30人未満の屋外集会。屋外のシネマや劇場を再開。6人または2世帯まで屋内集会認める。レストランやパブ、バーの屋内営業とホテル再開。屋内イベントは1千人。屋外イベントは4千人、座席指定は1万人。結婚式の参加者は30人まで。

■第4段階

6月21日~ 社会的距離政策を解除。7月末までにすべての成人に1回目のワクチン接種を終了。9月3日にナイトクラブ再開。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル、1週間で4回の高頻度

ビジネス

アングル:仮想通貨で「一発逆転」、南アの若者が追う

ワールド

アングル:バイデン氏「アドリブ発言」、失言と断定で

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 9

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 10

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中