コラム

「戦後最長の景気拡大」について議論しても無意味である理由

2019年03月19日(火)15時00分

生活実感が良くないのは数字が悪いから

日本は貿易に依存する国であり、私たちの生活は輸入物価に大きく左右される。海外の物価は日本の国内経済とは関係なく決定されるので、国内がいくらデフレ基調だと言っても、海外の物価が上がってしまえば、日本人が買えるモノの量はその分だけ減ってしまう(最近は為替レートによる調整も難しくなっている)。

日本国内では携帯電話の値下げをめぐって激論となっているが、日本の携帯電話料金は諸外国と比較してそれほど高いわけではない。だが日本を除く先進各国の物価はここ20年上がりっぱなしであり、米国では大卒の初任給が50万円を超えることも珍しくない。日本の新社会人と比較すると購買力に2倍以上の差があるので(つまり米国の方が豊かなので)、同じ通信料金でも日本人にとって高く感じるのは当たり前である。

こうした現状を考えると、日本人が豊かさを実感するためには、先進諸外国と同水準かそれ以上の経済成長を実現する必要がある。アベノミクスがスタートした2013年から2018年にかけての実質成長率の単純平均は約1.3%となっているが、これに対してドイツは1.8%、米国は2.3%もある。

国民の平均年収に近い1人あたりのGDP(国内総生産)についても、日本は445万円だが、ドイツは540万円、米国は690万円とかなりの差が付いている。現時点において、日本人が豊かさを感じられないのは当然だろう。

時折、「経済指標は良いが、それが生活実感に結びついていない」という表現がされることがあるが、経済指標は最終的には必ず生活実感に一致する。生活実感が良くないのは数字が悪いからである。

経済政策が効果を発揮する部分はそれほど多くない

戦後最長という文言に意味がないのは、過去の成長率との比較からも明からである。日本はオイルショックをきっかけに低成長時代に突入したが、それでも70年代から80年代にかけては4%台の成長率があった。本当の成長というのはこういうものであり、今の成長率で人々が豊かさを実感できないのも無理はない。

経済というのは、その国が持っている産業の基本構造によって、ある程度まで成長力が決定づけられてしまう。日本経済は以前と比べてGDPに占める輸出の割合は低下しているが、それでも、輸出の拡大が設備投資を促し、これが賃金を上昇させ、個人消費が増えるという図式はあまり変わっていない。

政府による経済政策は、景気の動向をある程度までならコントロールできるが、経済政策のみで、その国の経済状況を根本的に変えることはできない。経済の基本構造を決めるのは企業や消費者の動きであり、政府は脇役でしかないのが現実だ。

プロフィール

加谷珪一

経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

ニュース速報

ビジネス

訂正-米FRB、社債買入制度通じた27日時点のET

ワールド

アングル:トランプ氏6人の側近、対中強硬へ足並み 

ワールド

米の香港優遇措置撤廃、「無謀で恣意的」と中国共産党

ビジネス

ルフトハンザ救済案、ドイツ政府と欧州委が暫定合意=

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 6

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 7

    【大江千里コラム】だから僕はポップスを手放した

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!