コラム

中国は日本を誤解しているのか

2016年05月27日(金)17時30分

 この調査は2006年2月と2009年1月にも実施さていた。それによれば、日本国民は「日本の平和と安全」に関係する問題として「朝鮮半島情勢」や「国際テロ組織の活動」とともに「中国の軍事力の近代化や海洋における活動」に強い関心を示してきた(2006年の回答は36.3%、2009年は30.4%)。過去10年の間、日本国民は中国の軍事力の活動に対する関心を年々強めてきた。

 とはいえ、日本国民の「親近感」の低下と「中国の軍事力の近代化や海洋における活動」に対する関心の高まりを、日中関係の悪化を示唆するものだと説明するわけにはいかない。日本国民は対中関係の重要性を深く理解している。

 今年1月に実施した先の調査(「外交に関する世論調査」)は、「今後の日本と中国との関係の発展は、両国や、アジア及び太平洋地域にとって重要だと思うか」という別の問いを立てていた。これについて「重要だと思う」と答えたのは73.3%であった。日本国民は中国との関係について、二国間関係の安定と発展は重要であるという強い意識を共有している。先の外相の演説は、こうした日本国民の対中認識を簡潔かつ明確に体現したものだ。

苛立つ中国?

 中国側もまた、対日関係重視のメッセージをはっきりと発している。岸田外務大臣の訪問に対して中国は、王毅外交部長と楊潔箎国務委員との会談で迎えるとともに、李克強国務院総理の表敬訪問の場を設けた。華字メディアの分析報道によれば休日に李総理が表敬訪問を受けたことは異例であり、これは中国側の決意を示唆しているという。

 外務省の説明によれば、日中外相会談では、相互の敬意と尊重が不足しているという現状認識の下に、「相互理解を図り、相互信頼を増進していくために双方が不断に努力」する必要性があることを確認したという。

 しかし中国が公表した資料によれば、会談で中国側は日本に対する不満を隠さなかった。王外交部長は、両国関係が繰り返し困難な局面に直面するのは、「日本側の歴史認識と対中認識に問題があるから」といい、「来年は中日国交正常化45周年、再来年は中日平和友好条約締結40周年にあたり、これは中日関係を改善、発展させる重要なチャンスである」から、日本は「誠意」ある行動を示すべきだというのであった。

 王外交部長は四つの要求を提起していた。一つ目は「日中共同声明」をはじめとする四つの重要文書を厳格に守ることであり、二つ目は日本の対中認識をめぐる問題の解決だった。日本に対して「互いに協力パートナーであり、互いに脅威とならない」との日中間の共通認識を再確認し、「前向きで健全な心理状態で中国の発展をとらえ、さまざまな「中国脅威論」や「中国経済衰退論」を流し、同調することを止めるべきだ」と求めた。

プロフィール

加茂具樹

慶應義塾大学 総合政策学部教授
1972年生まれ。博士(政策・メディア)。専門は現代中国政治、比較政治学。2015年より現職。国際大学グローバル・コミュニケーション・センター客員研究員を兼任。國立台湾師範大学政治学研究所訪問研究員、カリフォルニア大学バークレー校東アジア研究所中国研究センター訪問研究員、國立政治大学国際事務学院客員准教授を歴任。著書に『現代中国政治と人民代表大会』(単著、慶應義塾大学出版会)、『党国体制の現在―変容する社会と中国共産党の適応』(編著、慶應義塾大学出版会)、『中国 改革開放への転換: 「一九七八年」を越えて』(編著、慶應義塾大学出版会)、『北京コンセンサス:中国流が世界を動かす?』(共訳、岩波書店)ほか。

ニュース速報

ビジネス

フランス格付け見通しを「安定的に」引き下げ=ムーデ

ワールド

ヘンリー英王子夫妻、「ロイヤル」の名称使わず 王室

ワールド

新型ウイルス、中国内外で感染拡大 WHO「阻止の機

ビジネス

米国株は下落、新型肺炎懸念やさえない米指標受け

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 2

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)若者たち

  • 3

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 4

    韓国激震、新型コロナウイルスで初の死者 感染急増1…

  • 5

    韓国にパンブーム到来、ソウルの「日本のパン屋」に…

  • 6

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    「ホライモリは悲しんだ」......7年間、同じ場所で動…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!