コラム

国際政治の読み解き方 細谷雄一
国際政治の読み解き方 細谷雄一

保守党敗北 よりいっそう不透明化するイギリス政治

<サッチャーやブレアと異なり、党内説得から逃げたメイ首相の危険な賭けだったが、英保守党は6月8日の総選挙で見事に失敗した。これから、EU離脱

2017.06.12
国際政治の読み解き方 細谷雄一

北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

<緊張が高まる朝鮮半島情勢。トランプ政権の政策はまさに「力による平和」のアプローチである。その戦略、狙いとは?> 今年の1月20日にアメリカ

2017.04.15
国際政治の読み解き方 細谷雄一

「最も巨大な国益の損失」を選択したイギリス

<EU離脱通知を行ったメイ首相だが、離脱をスムーズかつ双方の利益になるように進めたいと考えているのはイギリスだけ。EU側にそのような意図はあ

2017.04.03
国際政治の読み解き方 細谷雄一

ドナルド・トランプとアメリカ政治の隘路

<アメリカの理念が死んで、トランプが勝利した。1980年代に新自由主義の代償として生じた社会の分断。あと必要なのは、低所得層や貧困層の怒りの

2016.11.10
国際政治の読み解き方 細谷雄一

東アジアにおける戦略関係の転換期

<フィリピンのドゥテルテ大統領が「アメリカは出て行け」と言い、アメリカのトランプ大統領候補が「アジア防衛は無駄だ」と言う。これにより、アジア

2016.09.15
国際政治の読み解き方 細谷雄一

イギリスは第2のオーストリアになるのか

<第一次大戦により、オーストリア帝国は国家解体に至ったが、その指導者達は国が解体するとは夢にも思っていなかったはずだ。100年が過ぎた今、ナ

2016.06.27
国際政治の読み解き方 細谷雄一

安保法施行で日本は「専守防衛を転換」したのか

 2016年3月29日、昨年の9月に国会で採択された安保関連法(「平和安全法制整備法」と「国際平和支援法」の2本の法律により構成される)が施

2016.03.29
国際政治の読み解き方 細谷雄一

「対話と交渉」のみで北朝鮮のミサイル発射は止められるのか

 新年早々の1月7日に、アメリカのシンクタンクのジャーマン・マーシャル・ファンド(GMF)上席研究員のダニエル・トワイニングは、「アンハッピ

2016.02.12
国際政治の読み解き方 細谷雄一

安保法案成立後の理性的な議論のために

■民主主義の新しいかたち  国会のまわりでは、大変なデモが行われています。安保関連法案に私は賛成の立場ですから、それらの人々とは立場は異なり

2015.09.18
国際政治の読み解き方 細谷雄一

安保法制論争を「脱神話化」する

■魔女狩りの世界へ?  2015年8月30日に、安保関連法案の廃案を求める大規模なデモが国会周辺で行われた。安保関連法案を批判する人々の熱情

2015.09.14

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 3

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 4

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 5

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 6

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 7

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 8

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 9

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 10

    アップルの税逃れ拠点、アイルランドの奇妙な二重生活

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 4

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 10

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!