ニュース速報

ワールド

情報BOX:米軍撤退後のアフガンとバイデン政権の新たな課題

2021年08月31日(火)16時50分

8月30日、米軍は30日、アフガニスタンから米国人の大半や数千人のアフガン人協力者などを待避させる作戦を終え、現地からの撤退を完了した。写真は撤退するため輸送機に載せられる米軍のCHー47チヌーク・ヘリコプター。カブールの空港で28日撮影。米中央軍提供(2021年 ロイター)

[ワシントン 30日 ロイター] - 米軍は30日、アフガニスタンから米国人の大半や数千人のアフガン人協力者などを退避させる作戦を終え、現地からの撤退を完了した。これでアフガンは2001年以降で初めて、米軍が一切存在しなくなる。

退避作戦の下で、過去2週間にカブール国際空港から11万4000人余りが国外に脱出した。ただ、米軍がアフガンに関与しなくなったことで、バイデン大統領と米政権には、幾つかの新たな問題が発生している。

◎残された米国人と身の危険があるアフガン人

今月14日に退避作戦が始まって以来、アフガンを離れた米国人は5500人強に上るが、ごく一部の米国人は現地に残る道を選んだ。多くは、家族と一緒にいられるからという理由だ。

バイデン政権は、アフガンの政権を掌握したイスラム主義組織タリバンが、米軍撤退後も米国人や他の人々がアフガンから安全に退去するのを認め続けると期待していると表明した。しかし、空港が機能しない場合、これらの人々がどうやって国外に出て行けるかが懸念される。

米軍の通訳や報道関係者、女性の権利団体関係者ら危うい立場にある何万人ものアフガン人も取り残されたままだ。彼らの運命がどうなるかはっきりしないものの、複数の西側当局者はタリバンから報復行為を受けるのではないかと心配している。

米国、英国などが29日に発表した共同声明によると、タリバンは全ての外国人と外国政府から渡航を認められているアフガン人の国外退去を許可すると約束しているという。

◎米軍撤退後のカブール国際空港

過去2週間、カブール国際空港の安全確保と業務運営は、米軍の6000人近い部隊が担っていた。

タリバンは、民間航空会社の運航を続けるためにカタールやトルコなどの政府に支援を求める交渉を進めている。これらの航空便は多くの人にとって、アフガンを退去する唯一の方法と言える。

トルコのチャブシオール外相は29日、カブール国際空港で民間路線が再開できるようにするには、修理が必要だとの見方を示した。

北大西洋条約機構(NATO)の一員としてアフガンに部隊を派遣しているトルコは過去6年間、同空港の警備を任されてきた。外国軍から管理が引き継がれた後も空港を開き続けることは、アフガンが世界とのつながりを維持するだけでなく、援助物資の供給や支援活動を途切れさせないという意味で重要になる。

◎米国とタリバンの将来的な関係

米政府はアフガンに外交官を残留させる計画はなく、将来的にどうするかはタリバンの行動次第で決めると説明している。

とはいえバイデン政権は、アフガンで人道的、経済的な危機が起こるのを確実に防げる手段を見つけ出さなければならない。

国連によると、過去4年で2回目の干ばつに見舞われているアフガンでは、全人口の半分以上に当たる1800万人余りに援助が必要で、5歳未満の子どもの2人に1人は栄養不良に苦しんでいる状態だ。

英国を含めた一部の政府は、どの国も「二者間の交渉」でタリバンをアフガン政府として承認するべきではないと訴えている。

◎ISの脅威

米国とタリバンにとって、過激派組織「イスラム国」(IS)」がもたらす脅威が、手を結んで対応できる分野の1つになってもおかしくない。

もっとも具体的にどういった協力、あるいは情報共有が可能かを巡ってはさまざまな疑問が残る。

アフガンで活動するIS系の「イスラム国ホラサン州(ISIS-K)」は2014年終盤に東部地域で初めて姿を現し、その後、極端な暴力を行使する組織としてあっという間に有名になった。

ISIS-Kは、米兵13人と多数のアフガン市民が犠牲になった26日の自爆攻撃に関与したと主張。米軍はそれ以来、少なくとも2回の無人機を使った報復を行っており、バイデン氏は今後も報復を続けると強調している。

タリバンとISIS-Kは、激しい敵対関係にある。米情報機関当局者は、アフガンで西側諸国の支援した政権が今月崩壊するに至った一連の混乱に乗じ、ISIS-Kが自らの勢力強化を図るとともに、タリバンから脱落した戦闘員らの取り込みに動いているとみている。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

メキシコGDP、第1四半期は前期比0.3%増 予想

ビジネス

三菱電とアイシン、新会社設立で協議=電動化事業で

ビジネス

訂正(22日配信)-英米の企業、今年の選挙見据え為

ワールド

独首相、欧州防衛に仏核抑止力を活用するマクロン氏の
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 2

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレドニアで非常事態が宣言されたか

  • 3

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 6

    韓国は「移民国家」に向かうのか?

  • 7

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 8

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 9

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 10

    国公立大学の学費増を家庭に求めるのは筋違い

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 6

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 7

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 8

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中