ニュース速報

ワールド

情報BOX:米軍撤退後のアフガンとバイデン政権の新たな課題

2021年08月31日(火)16時50分

8月30日、米軍は30日、アフガニスタンから米国人の大半や数千人のアフガン人協力者などを待避させる作戦を終え、現地からの撤退を完了した。写真は撤退するため輸送機に載せられる米軍のCHー47チヌーク・ヘリコプター。カブールの空港で28日撮影。米中央軍提供(2021年 ロイター)

[ワシントン 30日 ロイター] - 米軍は30日、アフガニスタンから米国人の大半や数千人のアフガン人協力者などを退避させる作戦を終え、現地からの撤退を完了した。これでアフガンは2001年以降で初めて、米軍が一切存在しなくなる。

退避作戦の下で、過去2週間にカブール国際空港から11万4000人余りが国外に脱出した。ただ、米軍がアフガンに関与しなくなったことで、バイデン大統領と米政権には、幾つかの新たな問題が発生している。

◎残された米国人と身の危険があるアフガン人

今月14日に退避作戦が始まって以来、アフガンを離れた米国人は5500人強に上るが、ごく一部の米国人は現地に残る道を選んだ。多くは、家族と一緒にいられるからという理由だ。

バイデン政権は、アフガンの政権を掌握したイスラム主義組織タリバンが、米軍撤退後も米国人や他の人々がアフガンから安全に退去するのを認め続けると期待していると表明した。しかし、空港が機能しない場合、これらの人々がどうやって国外に出て行けるかが懸念される。

米軍の通訳や報道関係者、女性の権利団体関係者ら危うい立場にある何万人ものアフガン人も取り残されたままだ。彼らの運命がどうなるかはっきりしないものの、複数の西側当局者はタリバンから報復行為を受けるのではないかと心配している。

米国、英国などが29日に発表した共同声明によると、タリバンは全ての外国人と外国政府から渡航を認められているアフガン人の国外退去を許可すると約束しているという。

◎米軍撤退後のカブール国際空港

過去2週間、カブール国際空港の安全確保と業務運営は、米軍の6000人近い部隊が担っていた。

タリバンは、民間航空会社の運航を続けるためにカタールやトルコなどの政府に支援を求める交渉を進めている。これらの航空便は多くの人にとって、アフガンを退去する唯一の方法と言える。

トルコのチャブシオール外相は29日、カブール国際空港で民間路線が再開できるようにするには、修理が必要だとの見方を示した。

北大西洋条約機構(NATO)の一員としてアフガンに部隊を派遣しているトルコは過去6年間、同空港の警備を任されてきた。外国軍から管理が引き継がれた後も空港を開き続けることは、アフガンが世界とのつながりを維持するだけでなく、援助物資の供給や支援活動を途切れさせないという意味で重要になる。

◎米国とタリバンの将来的な関係

米政府はアフガンに外交官を残留させる計画はなく、将来的にどうするかはタリバンの行動次第で決めると説明している。

とはいえバイデン政権は、アフガンで人道的、経済的な危機が起こるのを確実に防げる手段を見つけ出さなければならない。

国連によると、過去4年で2回目の干ばつに見舞われているアフガンでは、全人口の半分以上に当たる1800万人余りに援助が必要で、5歳未満の子どもの2人に1人は栄養不良に苦しんでいる状態だ。

英国を含めた一部の政府は、どの国も「二者間の交渉」でタリバンをアフガン政府として承認するべきではないと訴えている。

◎ISの脅威

米国とタリバンにとって、過激派組織「イスラム国」(IS)」がもたらす脅威が、手を結んで対応できる分野の1つになってもおかしくない。

もっとも具体的にどういった協力、あるいは情報共有が可能かを巡ってはさまざまな疑問が残る。

アフガンで活動するIS系の「イスラム国ホラサン州(ISIS-K)」は2014年終盤に東部地域で初めて姿を現し、その後、極端な暴力を行使する組織としてあっという間に有名になった。

ISIS-Kは、米兵13人と多数のアフガン市民が犠牲になった26日の自爆攻撃に関与したと主張。米軍はそれ以来、少なくとも2回の無人機を使った報復を行っており、バイデン氏は今後も報復を続けると強調している。

タリバンとISIS-Kは、激しい敵対関係にある。米情報機関当局者は、アフガンで西側諸国の支援した政権が今月崩壊するに至った一連の混乱に乗じ、ISIS-Kが自らの勢力強化を図るとともに、タリバンから脱落した戦闘員らの取り込みに動いているとみている。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏投資家センチメント、6月以来の高さ なお景

ワールド

防衛費の財源、しかるべきタイミングで与党ハイレベル

ビジネス

鴻海の中国iPhone工場、1月上旬までに全面再開

ビジネス

ユーロ圏総合PMI、11月改定47.8に上昇 景気

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 5

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 6

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 7

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 10

    「何世紀の銃?」 兵器不足のロシアで「70年前の兵器…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中