ニュース速報

ワールド

フィリピン大統領、ロシアのコロナワクチンに「多大な信頼」

2020年08月11日(火)15時07分

 8月11日、フィリピンのドゥテルテ大統領(写真)は10日遅く、ロシアが開発を進めている新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、「多大な信頼」を寄せていると発言、自ら臨床試験に参加する意向を示した。写真はフィリピンで2018年9月撮影(2020年 ロイター/Lean Daval Jr)

[マニラ 11日 ロイター] - フィリピンのドゥテルテ大統領は10日遅く、ロシアが開発を進めている新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、「多大な信頼」を寄せていると発言、自ら臨床試験に参加する意向を示した。

同大統領は、ロシアからのワクチン提供の申し出を歓迎するとし、ワクチンは無償で提供されるとの見通しを示した。

ロシアは今月中にワクチンを認可する予定。

フィリピンでは、新型コロナの感染者が10日時点で13万6638人に達しており、アジアでも特に感染者が多い。

ドゥテルテ大統領はテレビで「ロシアのコロナ研究に多大な信頼を寄せているとプーチン大統領に伝えるつもりだ。ロシアが開発したワクチンは人類にとって非常に良いものだと信じている」と述べた。

新型コロナのワクチン開発を巡っては、一刻も早い実用化を目指す競争が加速する中で、果たして接種しても安全なのかを巡る懸念が浮上している。

ドゥテルテ大統領は、国民の不安を鎮めるため「自分が最初に接種して実験台になる」とも発言。

フィリピン大統領府は11日、ワクチンの臨床試験・供給・生産でロシアと協力する用意があると表明した。

ドゥテルテ大統領は7月、中国の習近平国家主席にワクチンの支援を要請したと表明。「ワクチンができれば、フィリピンが最初を供給を受けられるよう習主席に嘆願した。そうすれば、早急に正常化できる」と述べていた。

フィリピン政府は今月、首都マニラとその近郊でロックダウン(都市封鎖)を再導入している。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

ロシア反体制指導者ナワリヌイ氏が退院、医師「完全回

ワールド

7─8月の感染拡大は接待飲食が主因=西村再生相

ビジネス

訂正:日経平均は小反落、円高一服が安心感誘い徐々に

ワールド

焦点:効果上がる米の遠隔医療、規制緩和が活用後押し

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で留学生らを排斥

  • 3

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首相の「デジタル化」大号令

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 6

    台湾・蔡英文総統、菅首相と電話会談予定せず 森元首…

  • 7

    アフリカで外国による軍事基地建設ラッシュが起きて…

  • 8

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 9

    米科学誌が初めて特定候補支持を表明、「事実に基づ…

  • 10

    関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 5

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 6

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 7

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 8

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 9

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 10

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!