ニュース速報

ビジネス

コロナ後の金融・財政:日銀の金融政策正常化、米利上げが好機=木内・元日銀審議委員

2021年06月11日(金)19時16分

 6月11日 野村総合研究所のエグゼクティブ・エコノミスト木内登英氏(元日銀審議委員)はロイターとのインタビューで、米連邦準備理事会(FRB)の利上げは日銀が金融政策を正常化する好機との見方を示した。同じ局面で日銀が動けば、円高を誘発する可能性が低いと語った。写真は木内氏。2020年12月、東京で撮影(2021年 時事通信)

[東京 11日 ロイター] - 野村総合研究所のエグゼクティブ・エコノミスト木内登英氏(元日銀審議委員)はロイターとのインタビューで、米連邦準備理事会(FRB)の利上げは日銀が金融政策を正常化する好機との見方を示した。同じ局面で日銀が動けば、円高を誘発する可能性が低いと語った。

木内氏はFRBが2015年に政策金利の引き上げを開始したことに言及し、日銀内では追随して正常化に動かなかったことを「後悔する向きもあるのではないか」と推察。「FRBの利上げが見えてくる中であれば、日銀は円高リスクをあまり懸念せず正常化に進めるかもしれない」と語った。

3月の政策点検などを通じ、日銀はすでに事実上資産買い入れペースを落としているため、FRBに比べ利上げまでのステップは少なくなるとも指摘。その上で「次の一手は利上げだろう。まずはマイナス金利の解除が有力な選択肢となるだろう」と述べた。

木内氏はかねてより、日銀がイールドカーブ・コントロール(YCC)の弊害に対処する措置の選択肢として、現行10年に設定している長期金利ターゲットの短期化を挙げている。しかし、そうした措置は「黒田(東彦)総裁在任中可能かもしれないが、正式な正常化プロセスではない」とみている。

FRBが2023年に利上げするとすれば、同年4月の黒田総裁の任期切れと重なり、日銀は新総裁下で正常化を進める可能性があると指摘。その際は「長期金利のターゲットは撤廃し、短期金利ターゲットを引き上げていくのではないか」と述べた。

ロイターが6月に行った調査によると、FRBは今年8月か9月に量的緩和(QE)の縮小(テーパリング)に向けた計画を発表する可能性が高いと予想されている。資産購入の縮小を実際に開始するのは来年初めとみられている。 利上げについては、フェデラル・ファンド金利先物市場が先月末の時点で2023年1─3月期までに利上げ開始を織り込んでいる。[nL3N2NI2TE ]

    <物価目標の位置付け>

日銀が掲げる2%物価目標については、マイナス金利政策を解除する前に、より長期的なターゲットだと位置づけを修正する可能性があると予想。「非常に長い期間で達成する目標であり、足元の金融政策はそれに縛られない」と柔軟化させる可能性があるとした。

ゼロ近傍で推移している現在の物価については、経済の実力を映した安定した状態で「それが物価目標の水準であるべきだと思う」とした。「非常に小さいプラスというぐらい。レンジでいえばゼロから1%、ピンポイントなら0.5%ぐらいが妥当なのではないか」との認識を示した。

同氏は、中央銀行の役目は物価を安定させることだが、妥当な物価安定の水準は経済そのものに備わっているものと指摘。企業や働いている人の努力、政府の政策、少子化対策などで経済が高まった結果として物価は上がるものであり「金融政策で目標値を達成しようということ自体、無理なのだと思う」と述べた。

*インタビューは6月11日までに実施しました。

金子かおり、木原麗花

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米下院司法委、IT大手の規制強化法案可決

ワールド

EU首脳、ロシアとの首脳会議で合意せず=独首相

ビジネス

家計の金融資産、3月末は1946兆円で過去最高 現

ワールド

米議会襲撃事件、下院に調査委設置 逮捕者500人に

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 2

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

  • 3

    目先の利権を優先してきたインフラはもう限界...日本人が知らない大問題

  • 4

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクス…

  • 5

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    中国高官がアメリカに亡命の噂、ウイルス起源の証拠…

  • 8

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

  • 9

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 10

    ファストフード店の近くに住んでも大丈夫...米研究、…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 5

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 6

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中