ニュース速報

ビジネス

米景気回復は緩やかに加速、今後さらに成長・雇用拡大へ=FRB

2021年04月15日(木)10時32分

米連邦準備理事会(FRB)は14日に公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で、国内経済の回復が2月下旬から4月にかけ、「緩やか(moderate)なペース」へ加速したとの認識を示した。写真は2019年3月、ワシントンのFRBビル前で撮影(2021年 ロイター/Leah Millis)

(文中の誤字を修正して再送しました)

[14日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は14日に公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で、消費者信頼感の改善を背景に春にかけて景気回復が加速したとの認識を示した。パウエルFRB議長はインタビューで、成長と雇用がさらに拡大する見通しだと述べた。

ベージュブックは、新型コロナウイルスワクチンの普及や政府の財政支援を追い風に国内経済の回復が2月下旬から4月にかけ、「緩やか(moderate)なペース」に加速したとした。

仕事に再び就く人が増える中、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)によって大打撃を受けた労働市場も改善。雇用の伸びは製造業や建設業、娯楽・接客業で最も加速した。

ベージュブックでは「娯楽や旅行の需要の伸びが加速し、観光に関する報告も前向きだった。調査先は需要増加の要因として春休みやコロナに伴う封鎖措置の緩和、ワクチン接種の進展、最近の給付金などを挙げた」と指摘。前回3月の報告以降、全般的に見通しの楽観度合いが強まったとした。

大半の地区が成長のペースは緩やかだったとする中、ニューヨーク地区は経済が「パンデミックの期間で初めて力強いペースで伸び、広範な産業が拡大した」と指摘。コロナ感染が増えたにもかかわらず景気が改善し、「調査先は短期的な見通しについてますます楽観的になっている」とした。

<賃金が焦点に>

パウエル議長は今週、米経済は「転換点」にあり、ワクチン普及や大規模な財政刺激策により今後数カ月で景気や雇用の拡大ペースが加速する可能性があるとの見解を示した。

14日のワシントン経済クラブのインタビューでも、同様の楽観的な見通しを改めて示した。

パウエル氏は「成長が加速し雇用創出も拡大する局面に入る見通しだ」と述べた。その上で「リスクはなお残っている。特に主要なリスクとなるのは、治療がより困難とされる変異ウイルスによる感染の再拡大だ」と指摘した。

米労働省が2日に発表した雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比91万6000人増と、7カ月ぶりの大幅な伸びとなった。また、労働省が13日に発表した3月の消費者物価指数(CPI)は8年半ぶりの大幅な伸びを示した。

多くの地区連銀の調査先がコストへの圧迫が強まっていると指摘し、主な要因としてサプライチェーン(供給網)のボトルネックを挙げた。少なくとも短期的にはこうした状況が続く可能性が高いという。

こうした中、パウエル議長やその他のFRB当局者は、明るい経済見通しや一時的な物価上昇の加速が金融政策に影響することはないと述べ、危機が終わるまで緩和的な金融政策を維持すると強調している。米国の雇用は依然としてコロナ前の水準を840万人も下回っている。

3月の連邦公開市場委員会(FOMC)では、最大雇用と物価安定のFRBの目標に向け「さらに著しく進展がある」まで政策金利をゼロ近辺に維持し、月に1200億ドルの債券を買い入れることを決めた。次回会合は2週間後に予定されている。

ベージュブックでは、経済再開に伴い各社の戦略も浮き彫りになった。クリーブランド地区の人材紹介企業は、就職希望者の最優先事項が初めて「給与」となり、「職種」を超えたと報告。ミネアポリス地区では、ワクチン接種を終えた就職希望者が急増することを見越し、雇用主が賃上げを保留している可能性が示唆された。同連銀は「多くの労働者が戻ってくる可能性がある中で、今賃上げする必要はあるだろうか」と指摘した。

*文中の誤字を修正して再送しました。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米商務長官、半導体不足巡り20日に業界幹部と会合=

ワールド

衝突続くエルサレムにロケット弾、ネタニヤフ首相は報

ビジネス

米コロナ感染者が4週連続減、9月以降最少 ワクチン

ビジネス

米NY州、大学生のワクチン接種義務化 今秋の授業再

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが「ただの風邪症状を引き起こすウイルス…

  • 7

    激烈受験バトルを風刺し大ヒット!『SKYキャッスル』…

  • 8

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中