ニュース速報

ビジネス

独、小規模ロックダウン検討 英は厳格な制限エリア拡大

2020年10月27日(火)05時20分

ドイツのメルケル首相が国内の新型コロナウイルスの感染第2波抑制に向け、バーやレストラン、公共イベントの閉鎖に焦点を当てた小規模なロックダウン(都市封鎖)を計画していると、独紙ビルトが26日報じた。写真はマウスク着用を監視する警察官。ベルリンで撮影(2020年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ベルリン/ロンドン/マドリード/モスクワ 26日 ロイター] - ドイツのメルケル首相が国内の新型コロナウイルスの感染第2波抑制に向け、バーやレストラン、公共イベントの閉鎖に焦点を当てた小規模なロックダウン(都市封鎖)を計画していると、独紙ビルトが26日報じた。

報道によると、同措置では感染者が特に多い地域を除き、小売店は一定の制限下で営業を続けるほか、学校も閉鎖されない。

これに先立ち、メルケル首相の報道官はこの日、メルケル首相と16州の首相が感染拡大抑制に向けた追加制限措置導入を巡り週内に決定すると発表した。

政府関係者は、ビルト紙が報じた「ライト版ロックダウン」のような措置では十分ではない可能性があり、州首相などはより厳格な制限措置に合意する必要があると述べた。

26日に確認された感染者数は8685人に達した。

政府筋によると、メルケル首相はロックダウン(都市封鎖)再導入の回避を目指しているが、感染状況は「非常に深刻」とし、追加制限措置を実施しなければ、1日当たりの感染者数が来週に3万人に達する恐れがあるとの見通しを示している。

他の欧州主要国の状況はより深刻となっている。英国の過去1週間の新規感染者数は15万3483人と約25%増加。死者数は1272人と前の週から50%増加した。

感染抑制に向け、英国では最も厳格な制限措置エリアが拡大され、約800万人が対象となった。

英保健当局によると、イングランド北西部のウォリントンが27日0001GMT(日本時間午前9時01分)から、イングランド中心部のノッティンガムとその近郊が29日から最も厳格な「警戒レベル3」に分類される。イングランド北部以外のレベル3は初めて。

また、フランスでは25日、過去24時間に確認された新規感染者が5万2000人超となった。

仏政府は既に、パリを含む主要都市を対象に夜間の外出禁止令を出しているが、行動制限の一段の強化が必要か現在検討している。

スペイン中央政府も前日、全土に再び非常事態を宣言。カナリア諸島を除く全地域で、11月9日まで夜間の外出が禁止される。政府はさらに、非常事態宣言を今後半年間維持する方針を議会に承認するよう求める。

ロシアでは26日、新規感染者数が1万7000人超と、これまでで最多を記録した。

ぺスコフ大統領報道官は「状況は極めて深刻」で、コロナ感染が首都モスクワを超えて拡大し始めており、連邦および地方政府による積極的な支援が必要となる可能性があると警鐘を鳴らした。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

OPECプラス、29日に非公式会合=関係筋

ワールド

米ウィスコンシン州の一部再集計、バイデン氏のリード

ワールド

米ロサンゼルス郡、新たなコロナ規制発表 社会的集会

ワールド

米政権、大統領選前の郵政公社の業務変更差し止め巡り

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 2

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 3

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 9

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 10

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!