ニュース速報

ビジネス

日経平均は反落、急速な戻り警戒 決算手掛かりに個別物色

2020年08月05日(水)11時59分

 8月5日、前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比142円52銭安の2万2431円14銭となり、反落した。写真は2018年10月、東京で撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 5日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比142円52銭安の2万2431円14銭となり、反落した。前日までの2営業日で850円以上の上昇となり、急速な戻りに警戒感が出ている。朝方から利益確定売りが先行した。下げ幅を一時200円超に拡大したが、午後に日銀のETF(上場投資信託)買いが入るとの思惑もあり、下げ渋った。

市場からは「不透明要因がある中で2万3000円を超えていくのは難しいが、下値も日銀のETF買いや各国の過剰流動性が安心感となって下げにくい」(内藤証券のリサーチ・ヘッド&チーフ・ストラテジスト、田部井美彦氏)との指摘が出ていた。

個別ではソニー<6758.T>が乱高下。ゲーム分野の好調や自社株買いなどが注目され、寄り付き後に連日の年初来高値更新となったが、その後、利益確定売りに押されてマイナス圏に沈んだ。

TOPIXは0.58%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆0301億円だった。東証33業種では石油・石炭、非鉄金属、その他製品など9業種が値上がり。前日買われた陸運、海運、空運など24業種が値下がりした。

きょうも4─6月期の決算内容や通期の見通しなどを手掛かりにした個別物色が続いているが、今後については「情報・通信や電機機器などは良さそうだ。特に半導体に絡むところは、4月から6月にかけて生産ができなかった分、夏場以降、生産が盛り上がってくる可能性がある。5Gなど最終需要の盛り上がりに対する期待も出やすい」(内藤証の田部井氏)の見方が聞かれた。

東証1部の騰落数は、値上がりが632銘柄に対し、値下がりが1454銘柄、変わらずが83銘柄だった。

日経平均は下げ幅拡大。朝方は買い優勢で始まったソニー<6758.T>もマイナスに転じている。とりわけ、新たな材料はないものの、時間外取引で米株先物が軟化していることが売りを誘った格好だ。

引き続き決算の内容で選別物色されているが「3月安値以降に大幅上昇した銘柄は決算内容がいい。ここまで上がっていたことで、好決算で一時的に材料出尽くしになる可能性もある」(国内証券)という。

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比93円94銭安の2万2479円72銭となり、反落してスタート。前日までに2日間で800円以上の上昇となるなど、戻りのスピードが急なことで警戒感が生じ、利益確定売りが先行している。為替相場がやや円高に振れたことで、輸出関連株が下げて始まった。

市場関係者によると、寄り前の板状況は、前日に決算発表をしたソニー<6758.T>が売り買い交錯。東京エレクトロン<8035.T>も売り買い交錯で、任天堂<7974.T>が買い優勢となっている。一方、トヨタ自動車<7203.T>、ホンダ<7267.T>は売り優勢、指数寄与度の大きいファーストリテイリング<9983.T>も売り優勢となっている。

*内容を追加します

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

アングル:ドル、安全資産として円や金をしのぐ 9月

ワールド

トランプ氏選対幹部が辞任、期待外れの選挙集会後に本

ワールド

混迷の米大統領選討論会、秩序維持へ対応策 運営側が

ビジネス

豪住宅価格、9月は5カ月連続で低下 メルボルン・シ

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 4

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 8

    異常気象がスペイン風邪の世界的流行の誘因だった?…

  • 9

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 10

    人口減少の時代に増え続ける新築物件 全国378万の空…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!