ニュース速報

ビジネス

アングル:テスラ株がS&P500採用目前、さらに膨大な買い期待

2020年07月10日(金)10時51分

 7月9日、米株式市場で毀誉褒貶(きよほうへん)が最も激しい銘柄が、ついに「主流派」の仲間入りを果たすかもしれない。電気自動車(EV)メーカーのテスラがもう間もなく、S&P総合500種に採用されるとみられるからだ。写真は試運転用に駐車されたテスラの電気自動車。7月6日、韓国河南市で撮影(2020年 ロイター/Kim Hong-Ji)

Noel Randewich Chuck Mikolajczak

[9日 ロイター] - 米株式市場で毀誉褒貶(きよほうへん)が最も激しい銘柄が、ついに「主流派」の仲間入りを果たすかもしれない。電気自動車(EV)メーカーのテスラがもう間もなく、S&P総合500種に採用されるとみられるからだ。

実現すれば、過去1年で既に500%も値上がりしたテスラ株に新たな、そして膨大な買い需要が生まれる見込みで、マスク最高経営責任者(CEO)にとって大いなる成果となるだろう。

テスラが先週明らかにした第2・四半期の納車台数は予想を上回ったため、アナリストは、同社が22日に発表する四半期決算は黒字になるとの確信を強めている。その通りなら、これまでS&P総合500種に入る上で重大なハードルの1つになっていた、4期連続の黒字が達成される。

およそ2500億ドルに上るテスラの時価総額は、現在のS&P総合500種構成銘柄の95%の合計よりも大きい。つまり史上最も高いバリュエーションを持つ銘柄として、S&P総合500種に加わることになり、同指数に追随している投資ファンドにも相当な影響を及ぼすことになる。

指数を算出しているS&Pダウ・ジョーンズによると、S&P総合500種に追随するファンドの運用資産額は少なくとも4兆4000億ドルに達する。テスラが採用された場合、これらのファンドは指数の値動きとかい離しないように、早急に同社株を買わなければならない。

バーチュ・ファイナンシャルの指数・上場投資信託(ETF)調査責任者イバン・カジック氏は、指数ファンドの運用担当者はテスラ株を約2500万株購入する必要があり、時価で340億ドル相当になると試算した。

インバネス・カウンセルのティム・グリスキー最高投資責任者は「全ての指数ファンドがテスラ株を買う以外の選択肢は持てない。これが足元でテスラ株が堅調な理由の1つで、指数ファンドの資金流入を見越した動きだ」と説明する。

さらにS&P総合500種をベンチマークとしているアクティブ運用型ファンドも、テスラ株を購入するかどうか決断を迫られる。アクティブ運用型ファンドの追加資産も数兆ドルになる。

ビアンコ・リサーチを率いるジム・ビアンコ氏は「テスラのことが嫌いで、株価が過大評価されていると考えているとしても、現実としてS&P総合500種に採用されてしまえば、何兆ドルもの資金が動き、相応のポジションが形成される。ポートフォリオマネジャーはベンチマークの一環としてこれを無視できない」と述べた。

実際、これまで8営業日で43%上昇してきたテスラ株は、ウォール街でも投資家の好き嫌いが特に分かれる銘柄の一角を占める。好意派から見ると、テスラへの投資は再生可能エネルギーの台頭と化石燃料の衰退という流れを最も純粋に反映した動きだ。またテスラの「モデル3」セダンは、消費者の間に広く浸透している。

一方、S3パートナーズによると、テラス株の空売り規模は190億ドルと、米国の単一銘柄では最も大きい。株価が下がる根拠に挙げられているのは、ポルシェやゼネラル・モーターズ(GM)など既存メーカーとの競争がこれから激化するとの予想だ。2018年に株式非公開化計画を巡る問題でマスク氏が当局に2000万ドルの制裁金を支払って、会長を辞任した経緯があるため、テスラの企業統治への疑念もくすぶっている。

テスラがS&P総合500種に採用されるとの思惑を背景にしたトレーダーの動きが、最近の株価上昇をもたらしたのはほぼ間違いない。しかしビアンコ氏は、万が一採用されなかった場合、逆に値下がりする恐れがあると警告した。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

モーリシャス座礁船、船内に残る油の回収ほぼ完了=長

ビジネス

テンセント、投資顧問サービスに進出 アリババに対抗

ワールド

中国、対米協議でウィーチャットとTikTok取り上

ビジネス

JFE、今期1000億円の事業損失予想 来期鉄鋼事

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

  • 10

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 10

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!