ニュース速報

ビジネス

アジア株式市場サマリー:引け(1日)

2020年06月01日(月)20時18分

[1日 ロイター] - 中国株式市場は大幅高。トランプ米大統領が香港に対する優遇措置を即座に撤廃しなたかったことで警戒感が和らいだほか、中国製造業の好調な指標が本土株式相場を押し上げた。

証券株<.CSI399707>が大幅高。上海証券取引所は即日決済システムの導入について検討していると表明した。

香港株も大幅上昇した。トランプ米大統領が香港への優遇措置を即座に撤廃しなかったことを好感した。

ソウル株式市場は上昇して引けた。韓国の輸出や製造業は依然低迷しているものの、国家安全法を香港に導入する中国政府の方針をめぐり、トランプ米大統領の反応が警戒されていたほど強硬でなかったことが相場を支援した。

BNK証券のアナリストは、米国が対中貿易協議の合意撤回まではしないと投資家が確信したと分析した。

個別銘柄では、製薬大手セルトリオン<068270.KS>が6.6%高。同社が開発中の新型コロナウイルス治療薬が動物実験で効果を示し、7月下旬の治験開始を目指すと発表したことが好感された。

海外勢は1103億ウォン(約9005万ドル)相当の買い越し。

シドニー株式市場は反発して引けた。新型コロナウイルス感染拡大を受けた封鎖措置の一段の緩和に対する楽観的見方が、相場上昇の原動力となった。主力の鉱業株は、商品(コモディティー)相場の上昇を追い風に上げた。

オーストラリアの景気回復見通しを材料視する投資家は、一部州が新型コロナ関連規制の一段の緩和に動いたことを歓迎した。オアンダのアナリスト、ジェフリー・ハリー氏は「とりあえず回復は軌道に乗っている。週明けに伴い、感染拡大がピークに達してからの取引に弾みがついているのは明らかだ」と分析した。

鉱業株指数<.AXMM>は3.3%高と急上昇。中国の鉄鉱石先物相場が10カ月ぶり高値を付けたことを受け、2月24日以来の高値に達した。BHPとリオ・ティントはそれぞれ約3カ月ぶり高値。フォーテスキュー・メタルズは6.2%上昇し、過去最高値を付けた。

産金業者ニュークレスト・マイニングは、金価格の上昇を背景に3%高となった。

今週は2日にオーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)の金融政策会合が予定されているものの、市場は予想に反する大きな決定はないと見込んでいる。

(リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、大統領選「最高裁で決着」 判事は9人全

ビジネス

米、年末までに信用収縮も 感染状況悪化なら=ボスト

ビジネス

米株大幅反落、ダウ525ドル安 景気回復鈍化に懸念

ビジネス

ドル8週ぶり高値、世界経済の回復に疑問=NY市場

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 4

    シンガポール、新型コロナ死亡率が0.05%と世界最少…

  • 5

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 6

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 7

    中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 10

    どれだけ長生きできるかはお金で決まる? 東京、大…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 5

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 9

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!