ニュース速報

ビジネス

アングル:会長とCEOは兼任か分離か、米シティが重大決断

2018年10月13日(土)09時37分

 10月11日、米シティグループはマイク・オニール会長が数カ月以内に役員定年の72歳を迎えて退任する。写真は同社のロゴ。2017年、トロントで撮影(2018年 ロイター/Chris Helgren)

David Henry

[ニューヨーク 11日 ロイター] - 米シティグループはマイク・オニール会長が数カ月以内に役員定年の72歳を迎えて退任する。このため経営陣は、58歳のマイク・コーバット最高経営責任者(CEO)が会長職を兼務し、JPモルガン・チェースやバンク・オブアメリカなどライバル行と同じ路線を取るか、分権体制を敷くか、判断を迫られる。

ウェルズ・ファーゴのアナリストのマイク・マヨ氏は「企業統治の面では、会長交代はシティグループにとって過去6年間で最も重大な決断だ。リターンや経営効率、株価は過去最悪レベルにあり、今回の決定は重要だ」と話す。

オニール氏は6年前に会長に就任し、その直後に取締役会を主導してパンディットCEOの後任にコーバット氏を抜擢した。オニール氏はコーバット氏に白羽の矢を立てた理由として、世界金融危機で打撃を受けたシティの資産約8000億ドルの処理で際立った手腕を発揮したことを挙げた。

その後コーバット氏はシティの業績改善に取り組んだが、回復のペースは鈍く、その実績は自ら掲げた目標にも、競合他社にも及ばない。マヨ氏は「シティは業績改善についてもっと切迫感を持つべきだ」と述べた。

コーバット体制の下でシティの株価は約2倍に上昇した。しかし91%という10日までの上昇率は、JPモルガンの163%、バンカメの210%に比べて見劣りする。

キーフ・ブリュイエット・アンド・ウッズのアナリスト、ブライアン・クラインハンツル氏は、シティグルプはこの1年間に株価が出遅れているが、経営陣はオニール氏の退任時に変革を求める圧力を感じていないと指摘。「株価が30%も下げれば対応が必要だが、シティは違う」と述べた。

シティの有形普通株に基づく株式資本利益率(ROE)は第3・四半期が10.8%。バンカメとJPモルガンはそれぞれ15.15%と17.2%だ。

クラインハンツル氏によると、シティの株価低迷は、2020年に有形普通株に基づくROEを13.5%に引き上げるとした経営目標の達成が危ぶまれているのが一因だ。

他の大手行では会長職とCEO職の兼務を巡り株主投票が行われた。バンカメは株主投票を受けて2009年に、会長とCEOを兼任していたケン・ルイス氏の会長職を解任したが、その5年後にはブライアン・モイニハン氏による兼任が復活。以来、兼任問題で3度も株主投票に直面した。

JPモルガンも取引で62億ドルの損失が発生したことを受けて、2013年にジェイミー・ダイモンCEOを会長職から解任する動議が株主から提出され、取締役会が食い止めた経緯がある。

ウェルズ・ファーゴのマヨ氏によると、シティグループの複数の有力株主は同氏に会長職とCEO職の分離を望んでいると明かしたという。

コンサルタント会社ボードスパンの創設者、アビー・アデラーマン氏によると、調査では会長職とCEO職の分離で業績が改善するか否か結論が出ていない。

アデラーマン氏は、会長職とCEO職の分離を提唱しているが、独立性や客観性は、人柄や経営陣内部で協力的な関係を築くといった要因ほど重要ではないと指摘した。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 3

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 4

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 5

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 6

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 7

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 8

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 9

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の重要性を見失った韓国

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!