ニュース速報

ビジネス

アングル:米株のセクター変更、アルファベットやFBに注目

2018年09月15日(土)09時47分

 9月12日、米株式市場は24日に過去最大規模となるセクター分類の変更が予定されている。写真は7日、ニューヨーク証券取引所(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[サンフランシスコ 12日 ロイター] - 米株式市場は24日に過去最大規模となるセクター分類の変更が予定されており、アルファベットやフェイスブック、ネットフリックスなど分類が変わる銘柄が注目を集めそうだ。

今回の変更では「電気通信サービス」が「通信サービス」に衣替えし、「一般消費財」と「情報技術」の両セクターからネットフリックス、ウォルト・ディズニー、ツイッターなど18銘柄の所属が「通信サービス」に変更となる。

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスとMSCIは1999年以来、セクター分類を据え置いてきた。今回の変更はハイテクやメディア、消費財などの産業の動きを反映している。

セクターが変わる銘柄の時価総額はS&P総合500種指数全体の約8%に相当し、全体の分類変更に従ってS&Pの副指数の構成も修正される。

フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、アルファベットの「FANG」と呼ばれる銘柄では、アルファベットとフェイスブックの2銘柄が情報技術から、ネットフリックスが一般消費財から、いずれも通信サービスに移る。アマゾンは一般消費財にとどまる。

分類変更に伴い、情報技術セクターがS&P500種に占める比率は26%から20%に低下する。

変更後の情報技術セクターで引き続きウエートが大きいのはアップル、マイクロソフト、ビザ、インテル。変更によって半導体、クラウドコンピューティングなどの企業が輝きを増しそうだ。

トムソン・ロイター・リッパーのデータによると、パッシブ運用型の上場投資信託(ETF)が保有するハイテク株は約890億ドルで、セクター別では最も規模が大きい。

こうしたETFの一部は、一般消費財株や通信株を主な投資先とする指数連動型ファンドとともにポートフォリオの調整を行うため、21日の週末にはセクター変更の対象となる銘柄の値動きが大きくなりそうだ。

ただ、一部の銘柄入れ替えは完了しつつある。

バンガード・グループは4─6月期にセクター別ETFの銘柄入れ替えに着手しており、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは既に通信サービスに連動する新たなファンドを立ち上げた。

「コミュニケーション・サービシズ・セレクト・セクター・SPRD・ファンド」は6月の立ち上げ以来3%下落したが、これは規制を巡る懸念のために保有が2番目に大きいフェイスブック株が16%下げたのが一因だった。

通信サービスがS&P500種全体に占める比率は11%となり、電気通信サービスの2%弱から上昇する。

一般消費財の比率は13%から11%に低下。セクターにおけるウエートはアマゾンが27%から34%に高まり、ホーム・デポやマクドナルドがこれに次ぐ大きさとなる。

通信サービス構成企業の総時価総額で見ると、予想利益に基づく株価収益率(PER)は18倍。現在の電気通信サービスは10倍となっている。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

中国工業部門企業利益、9月は前年比10.1%増に鈍

ビジネス

意見聞いて適時適切な対策講じる=航空各社について赤

ワールド

再生可能エネルギーの主力電源化推進へ、規制改革に全

ワールド

クシュナー米大統領顧問「黒人は成功望む必要ある」、

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 5

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 9

    中国はトランプ再選を願っている

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!