ニュース速報

ビジネス

米国株式市場は下落、トルコ巡る懸念で銀行株に売り

2018年08月11日(土)07時02分

 8月10日、米国株式市場は下落して取引を終えた。トルコ経済巡る懸念で銀行株が下げ、リスク資産回避につながった。7月撮影(2018年 ロイター/LUCAS JACKSON)

[ニューヨーク 10日 ロイター] - 米国株式市場は下落して取引を終えた。トルコ経済巡る懸念で銀行株が下げ、リスク資産回避につながった。

テクノロジー株の下落も相場を押し下げた。S&P情報技術株指数<.SPLRCT>は0.8%安。ゴールドマン・サックスが投資判断を「セル」に引き下げたインテルは2.6%下落。半導体メーカーのマイクロチップ・テクノロジーは第2・四半期の売上高見通しが市場予想を下回り、10.9%下落した。

トルコリラは対ドルで一時約20%急落。トランプ米大統領がトルコに対するアルミ・鉄鋼関税引き上げを表明したことを引き金に売りが加速した。

週間ベースでは、ダウ工業株30種<.DJI>が0.6%、S&P総合500種<.SPX>は0.3%それぞれ下落。ナスダック総合<.IXIC>は0.3%上昇した。

S&P金融株指数<.SPSY>は1.2%安。シティグループが2.4%下げたほか、JPモルガンやウェルズ・ファーゴ、バンク・オブ・アメリカも安かった。

ハリス・フィナンシャルグループのジェーミー・コックス氏は「為替が動けばいつも、金融株が伝染リスクを受ける傾向にある」との見方を示した。

電気自動車メーカーのテスラは0.9%高で終了。S3パートナーズのデータによると、テスラ株の空売り規模は、マスク最高経営責任者(CEO)がテスラ株非公開化案を公表した7日以前より拡大しているという。

この日発表された7月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は総合指数が前月比0.2%上昇し、6月(0.1%上昇)から加速。基調的な物価は引き続き底堅く、圧力が徐々に高まっていることを示唆した。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を2.10対1の比率で上回った。ナスダックでは1.51対1で値上がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は約67億株。直近20営業日の平均は64億株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 25313.14 -196.09 -0.77 25401.1 25401. 25222. <.DJI>

9 19 88

前営業日終値 25509.23

ナスダック総合 7839.11 -52.67 -0.67 7834.71 7866.1 7818.3 <.IXIC>

9 7

前営業日終値 7891.78

S&P総合500種 2833.28 -20.30 -0.71 2839.64 2842.2 2825.8 <.SPX>

0 1

前営業日終値 2853.58

ダウ輸送株20種 11090.63 -50.48 -0.45 <.DJT>

ダウ公共株15種 723.51 -3.94 -0.54 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1354.80 -34.26 -2.47 <.SOX>

VIX指数 13.16 +1.89 +16.77 <.VIX>

S&P一般消費財 896.78 -7.46 -0.82 <.SPLRCD>

S&P素材 367.96 -5.34 -1.43 <.SPLRCM>

S&P工業 630.79 -5.15 -0.81 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 546.42 -1.74 -0.32 <.SPLRCS>

S&P金融 463.85 -5.45 -1.16 <.SPSY>

S&P不動産 203.05 -2.06 -1.01 <.SPLRCRE

C>

S&Pエネルギー 554.18 +1.48 +0.27 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1036.36 -4.07 -0.39 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 152.21 -1.13 -0.74 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1281.29 -10.48 -0.81 <.SPLRCT>

S&P公益事業 268.35 -1.09 -0.40 <.SPLRCU>

NYSE出来高 8.52億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 22185 - 115 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物9月限 円建て 22180 - 120 大阪比 <0#NIY:>

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    日本、オランダ、ついにアメリカも 培養肉の時代がやって来る

  • 3

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻させるかもしれない

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 7

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 8

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 9

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 10

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かった…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!