ニュース速報

ビジネス

英GDP、第2四半期速報値は前期比+0.4% 予想と一致

2018年08月11日(土)00時34分

 8月10日、英国立統計局(ONS)が発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)速報値は前期比0.4%増で、ロイターがまとめたエコノミスト予想と一致した。2017年6月撮影(2018年 ロイター/Clodagh Kilcoyne)

[ロンドン 10日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)速報値は前期比0.4%増で、ロイターがまとめたエコノミスト予想と一致した。

統計局は、第2・四半期の伸びはサービス部門がけん引したと指摘。小売販売と建設は今年初めの大雪の悪影響から回復した。

ただ統計局のロブ・ケント・スミス氏は「製造業は堅調だった昨年末の水準から低迷を続けており、基調的成長は過去の水準と比べて依然として控えめだ」と述べた。

6月単月のGDPは前月比0.1%増で、ロイターがまとめた予想(0.2%増)を下回った。5月は0.3%増だった。

第2・四半期の家計支出は前期比0.3%増となり、第1・四半期の0.2%増から伸びがやや加速したものの、前年比では1.1%増と、2012年第1・四半期以来の低い伸びとなった。

企業投資は前期比0.5%増。前年比では0.8%増となり、2016年第4・四半期以来の低い伸びだった。

一方、製造業部門はさえなかったほか、ポンド安効果の剥落に伴い、貿易(ネットベース)の下押し幅は2016年第3・四半期以降で最大となった。

第2・四半期GDPは前年比では1.3%増で、予想と一致した。第1・四半期の1.2%増から伸びが若干加速した。

インベステックの主任エコノミスト、フィリップ・ショー氏は、天候要因を踏まえると「第2・四半期の経済動向は全般的にやや期待外れだった」と分析した。

英中銀は前週、全会一致で利上げを決定する一方、来年に控える欧州連合(EU)離脱(ブレクジット)の明確な方針が定まらない中、一段の利上げは急がない姿勢を示した。今回の統計内容はそうした中銀の方針の根拠となりそうだ。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    日本生まれのインスタントラーメン、韓国で育ち過激な味に 里帰りでブーム呼ぶか?

  • 3

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッジ大の女性博士が裸の訴え

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    ジム・ロジャーズ「日本で今後伸びる産業はこの3つ」

  • 8

    アクセス稼ぎのために酒と食用油をがぶ飲みし続けた…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 4

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 5

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    ジム・ロジャーズ「日本で今後伸びる産業はこの3つ」

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 10

    韓国経済の先行きに不透明感が高まっている3つの理由

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!