ニュース速報

ビジネス

英GDP、第2四半期速報値は前期比+0.4% 予想と一致

2018年08月11日(土)00時34分

 8月10日、英国立統計局(ONS)が発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)速報値は前期比0.4%増で、ロイターがまとめたエコノミスト予想と一致した。2017年6月撮影(2018年 ロイター/Clodagh Kilcoyne)

[ロンドン 10日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)速報値は前期比0.4%増で、ロイターがまとめたエコノミスト予想と一致した。

統計局は、第2・四半期の伸びはサービス部門がけん引したと指摘。小売販売と建設は今年初めの大雪の悪影響から回復した。

ただ統計局のロブ・ケント・スミス氏は「製造業は堅調だった昨年末の水準から低迷を続けており、基調的成長は過去の水準と比べて依然として控えめだ」と述べた。

6月単月のGDPは前月比0.1%増で、ロイターがまとめた予想(0.2%増)を下回った。5月は0.3%増だった。

第2・四半期の家計支出は前期比0.3%増となり、第1・四半期の0.2%増から伸びがやや加速したものの、前年比では1.1%増と、2012年第1・四半期以来の低い伸びとなった。

企業投資は前期比0.5%増。前年比では0.8%増となり、2016年第4・四半期以来の低い伸びだった。

一方、製造業部門はさえなかったほか、ポンド安効果の剥落に伴い、貿易(ネットベース)の下押し幅は2016年第3・四半期以降で最大となった。

第2・四半期GDPは前年比では1.3%増で、予想と一致した。第1・四半期の1.2%増から伸びが若干加速した。

インベステックの主任エコノミスト、フィリップ・ショー氏は、天候要因を踏まえると「第2・四半期の経済動向は全般的にやや期待外れだった」と分析した。

英中銀は前週、全会一致で利上げを決定する一方、来年に控える欧州連合(EU)離脱(ブレクジット)の明確な方針が定まらない中、一段の利上げは急がない姿勢を示した。今回の統計内容はそうした中銀の方針の根拠となりそうだ。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 8

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 9

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 10

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!