ニュース速報

ビジネス

中国の新規人民元建て融資、6月は1.84兆元 予想上回る

2018å¹´07月13日(金)22時23分

 7月13日、中国人民銀行(中央銀行)の発表によると、6月の新規人民元建て融資は1兆8400億元(2749億1000万ドル)だった。写真は人民元紙幣、2013年7月撮影(2018年 ロイター/Jason Lee)

[北京 13日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)の発表によると、6月の新規人民元建て融資は1兆8400億元(2749億1000万ドル)だった。アナリスト予想(1兆6000億元)を上回った。

5月は1兆1500億元だった。

民生銀行(北京)のエコノミストは、「一段の銀行預金準備率引き下げで潤沢な流動性は維持される可能性が高い。ただ実体経済へのマネー流入を確実にしなければならない。予想を上回った6月の融資は、リスク管理で貸出を計上するよう銀行に迫るなか、金融セクターの構造変化も反映している」と述べた。

2017年の新規人民元建て融資は13兆5300億元と過去最高を更新していた。

中国当局は、内需が鈍化し、米国との貿易摩擦による悪影響が広がる可能性があることから、政策支援を強化しデレバレッジ(債務圧縮)への姿勢を緩和している。

6月のマネーサプライM2伸び率は前年比8.0%。予想の8.3%を下回った。5月は8.3%だった。

6月のM2伸び率は、ロイターのデータ集計が開始した少なくとも1996年1月以来、最も低い水準となった。

人民銀は、金融システムのデレバレッジに向けた取り組みにより、M2伸びの鈍化が「ニューノーマル」となる可能性を指摘している。

6月末時点の人民元建て融資残高は前年比12.7%増加し、予想(12.5%増)を上回った。5月末時点では12.6%増だった。

住宅ローンが大半を占める家計への融資は7073億元で、5月の6143億元から増加した。

家計への融資は6月の新規融資全体の38.4%を占めた。5月は53.4%だった。

企業向け融資は9819億元で、5月の5255億元から増加した。

6月の社会融資総量は1兆1800億元(1763億ドル)で、5月の7608億元から大幅に増加した。

6月末時点の社会融資総量残高は前年比9.8%増の183兆2700億元(27兆3700億ドル) だった。

社会融資総量は、通常の銀行貸出システム外のオフバランス融資を含み、シャドーバンキングの動きを示す目安とされている。

国営メディアによると、人民銀当局者は上期の社会融資総量の鈍化についてデレバレッジ対策によるものとの認識を示した。

*内容を追加して再送します。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 6

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!