ニュース速報

ビジネス

中国の新規人民元建て融資、6月は1.84兆元 予想上回る

2018å¹´07月13日(金)22時23分

 7月13日、中国人民銀行(中央銀行)の発表によると、6月の新規人民元建て融資は1兆8400億元(2749億1000万ドル)だった。写真は人民元紙幣、2013年7月撮影(2018年 ロイター/Jason Lee)

[北京 13日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)の発表によると、6月の新規人民元建て融資は1兆8400億元(2749億1000万ドル)だった。アナリスト予想(1兆6000億元)を上回った。

5月は1兆1500億元だった。

民生銀行(北京)のエコノミストは、「一段の銀行預金準備率引き下げで潤沢な流動性は維持される可能性が高い。ただ実体経済へのマネー流入を確実にしなければならない。予想を上回った6月の融資は、リスク管理で貸出を計上するよう銀行に迫るなか、金融セクターの構造変化も反映している」と述べた。

2017年の新規人民元建て融資は13兆5300億元と過去最高を更新していた。

中国当局は、内需が鈍化し、米国との貿易摩擦による悪影響が広がる可能性があることから、政策支援を強化しデレバレッジ(債務圧縮)への姿勢を緩和している。

6月のマネーサプライM2伸び率は前年比8.0%。予想の8.3%を下回った。5月は8.3%だった。

6月のM2伸び率は、ロイターのデータ集計が開始した少なくとも1996年1月以来、最も低い水準となった。

人民銀は、金融システムのデレバレッジに向けた取り組みにより、M2伸びの鈍化が「ニューノーマル」となる可能性を指摘している。

6月末時点の人民元建て融資残高は前年比12.7%増加し、予想(12.5%増)を上回った。5月末時点では12.6%増だった。

住宅ローンが大半を占める家計への融資は7073億元で、5月の6143億元から増加した。

家計への融資は6月の新規融資全体の38.4%を占めた。5月は53.4%だった。

企業向け融資は9819億元で、5月の5255億元から増加した。

6月の社会融資総量は1兆1800億元(1763億ドル)で、5月の7608億元から大幅に増加した。

6月末時点の社会融資総量残高は前年比9.8%増の183兆2700億元(27兆3700億ドル) だった。

社会融資総量は、通常の銀行貸出システム外のオフバランス融資を含み、シャドーバンキングの動きを示す目安とされている。

国営メディアによると、人民銀当局者は上期の社会融資総量の鈍化についてデレバレッジ対策によるものとの認識を示した。

*内容を追加して再送します。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米モンデリーズ、リッツ製品を自主回収 サルモネラ菌

ワールド

英のEU離脱、各家計に年間最大で14万円のマイナス

ビジネス

6月ショッピングセンター売上高は前年比2.3%増=

ビジネス

日経平均は3日続落、円高や日銀政策調整の思惑が重し

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方がいい深いワケ

  • 2

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 3

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲まない理由が悲しすぎる

  • 4

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 5

    感情をうまくコントロールできない子に育つ ヘリコ…

  • 6

    日本は韓国のわずか3分の1 快進撃続ける韓国の映画…

  • 7

    「ありがとう日本」中国人のワールドカップ反省会

  • 8

    出会い系サイト殺人事件、解決に導いたのは被害者の…

  • 9

    自らを「ユダヤ人国家」と定めたイスラエルは、建国…

  • 10

    トイレ普及急ぐインド 「辱め」を受ける外で排泄す…

  • 1

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 2

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方がいい深いワケ

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 …

  • 5

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 6

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 9

    ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死…

  • 10

    ロシア、兵士や戦車を隠す「透明マント」を開発

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 5

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 6

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 7

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 8

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
Pen編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!