ニュース速報

ビジネス

ファーストリテ、9―5月期は32%増益 海外寄与・中国事業に自信

2018年07月12日(木)18時41分

 7月12日、ファーストリテイリングは、2017年9月―18年5月期(国際会計基準)の連結営業利益が前年同期比32.3%増の2388億円になったと発表した。写真は都内で昨年3月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 12日 ロイター] - ファーストリテイリング<9983.T>は12日、2017年9月―18年5月期(国際会計基準)の連結営業利益が前年同期比32.3%増の2388億円になったと発表した。海外ユニクロ事業が65%増益となり、全体の増益に大きく寄与した。また、米中貿易摩擦の影響が懸念される中国事業についても、成長に自信を示した。

<営業利益、海外ユニクロが国内ユニクロに迫る>

海外ユニクロ事業の9―5月期の営業利益は1124億円となり、国内ユニクロ事業の1200億円に迫る水準となった。

海外ユニクロ事業の3―5月期は、計画を大きく上回る増収増益。EC(電子商取引)を含む中国や韓国、東南アジア、オセアニアなどが軒並み好調に推移。米国事業の赤字幅も縮小した。岡崎健グループ上席執行役員・CFO(最高財務責任者)は会見で「米国事業は来期の黒字化を目指す」と述べた。

国内ユニクロ事業の17年9月―18年5月期の累計既存店売上高は前年同期比7.5%増。3―5月期は5.4%増と伸びた。ただ、直近をみると、5月は2.7%減、6月は4.0%減と2カ月連続でマイナスとなっている。7月も天候不順により、計画を下回るトレンドが継続しているという。

夏物を中心に値引率の拡大を見込むほか、秋物の早期立ち上げに伴う物流費増加、広告宣伝費の増加から、6―8月期の国内ユニクロ事業は減益になる見通し。

ジーユー事業は苦戦が続いている。3―5月期の既存店売上高は計画を下回り減収減益となった。売り上げが計画を下回ったことで、値引き販売で在庫処分を進めたため粗利益率が低下、経費比率が上昇した。 改善策として、増え過ぎた品番数の絞り込みやデジタル化の推進、マーケティングの強化などを進める方針。

18年8月期の連結売上高は前年比13.3%増の2兆1100億円、営業利益は同27.5%増の2250億円の見通しを据え置いた。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト14人の営業利益予測の平均値は2287億円となっている。

9―5月期は営業収益、営業利益ともに計画を上回っているものの、ジーユー事業が計画を下回っていることや、国内ユニクロ事業で在庫処分を進めることなどから、通期の業績予想は据え置いた。

<米中貿易摩擦、サプライチェーンは対応可能>

激化の様相を見せている米中貿易摩擦の同社への影響について、岡崎CFOは、サプライチェーンと中国市場という2つの視点があると指摘。

このうち、サプライチェーンについては「影響は限定的。大きな問題にならない」とし、仮に中国から米国が輸入するアパレルに高関税が課せられたとしても、「中国以外の生産量も能力も高まってきている。仮にそういう問題が発生しても、一定の時間がかかるかもしれないが、対応していける」と述べた。

また、中国の消費への影響については「中国の景気にどう影響するかは我々が決められない。注視していく」とした上で、「足元、中国市場は堅調だし自信を持っている。浮き沈みはあっても中国市場に対して楽観的だし強気。中国の人口、成長のポテンシャルを考えれば、まだまだ成長できる」とした。

*内容を追加しました。

(清水律子)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 6

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!