ニュース速報

米鉱工業生産、3月は製造業で横ばい 自動車が落ち込む

2019年04月17日(水)02時43分

[ワシントン 16日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が16日発表した3月の鉱工業生産指数は製造業部門が前月から横ばいだった。これまで2カ月連続で落ち込んでいた。市場予想は0.1%上昇だった。

四半期ベースでは年率で1.1%低下し、2017年第3・四半期以来初めて落ち込んだ。前期は1.7%上昇していた。

MUFGのエコノミストは「製造業生産が第1・四半期、下向きに動いた。このことは、トランプ政権の経済チーム発足以来初めて、製造業や生産再生の勢いが失われつつある状況を示す。貿易戦争と米国第一主義政策で、製造業拠点がまだ国内に戻ってきていない」と話した。

JPモルガンのエコノミストは「製造業はこのところの最低迷期を脱しつつある可能性がある。ただこうした改善を裏付ける材料はそれほどはっきりしていない」と指摘した。

3月は自動車と木材製品の落ち込みが全体水準を抑制した。

2月の数字は当初発表の0.4%低下から0.3%低下へ改定された。

全体の鉱工業生産指数は0.1%低下した。前月は0.1%上昇していた。第1・四半期は0.3%低下。前期は4.0%上昇していた。

3月の内訳は、製造業生産指数のうち自動車・同部品が2.5%低下。前月は2.3%上昇していた。自動車部門は過剰な在庫が重しになっている。3月の雇用統計では製造業部門の就業者数が17年7月以来初めて減少した。製造業生産指数は自動車・同部品を除くと0.2%上昇した。前月は0.5%低下していた。3月は一次金属とコンピューター・電子機器が押し上げ要因となった。

今後は、航空機大手ボーイングの737型機減産方針などが、製造業をさらに圧迫する可能性がある。

ウェルズ・ファーゴ証券のエコノミストは「737MAX型機の納機中止や製造削減が、短期の製造業・受注指標の重しとなり、第2・四半期の国内総生産(GDP)成長率を最大で0.2%ポイント押し下げる可能性もある」と見通した。

鉱工業生産指数のうち鉱業部門は0.8%低下した。前月は横ばいだった。

電力・ガス部門は0.2%上昇した。前月は3.7%上昇していた。

企業がどれだけ十分に設備を稼動しているかを示す設備稼働率は製造業部門が76.4%と、1年ぶりの低水準だった。前月は76.5%だった。全体の設備稼働率は78.8%と前月の79.0%から低下した。1972年から2017年の平均を1.0%ポイント下回っている。FRBは、経済に内在する需給の緩みを見るために設備稼働率に注目している。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 2

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査 莫大な損失の恐れ

  • 3

    韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制する韓国政府

  • 4

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 7

    過熱する韓国キッズ・ユーチューバー ベンツ運転から…

  • 8

    香港デモと中国の対立が台湾に飛び火、三つ巴の緊張…

  • 9

    韓国、日本との軍事情報協定破棄へ 米国防総省「強い…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 3

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 8

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 9

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 9

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 10

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!