ニュース速報

1月豪企業景況感指数は+7に上昇、前月の急低下から持ち直す

2019年02月12日(火)10時55分

[シドニー 12日 ロイター] - ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が発表した1月の企業景況感指数はプラス7と、前月から4ポイント上昇し、長期平均のプラス6を若干上回った。前月は大幅に低下していた。

変動の激しい信頼感指数も1ポイント上昇してプラス4となった。

NABのチーフエコノミスト、アラン・オスター氏は「季節要因や統計上の変動が(12月の)統計の一部要因だった可能性があるが、景況感のトレンドは下向きとなっている」とし、「1月の調査でこれが裏付けられた。企業部門の活動が急速に落ち込んだとはみていないが、一定の失速が見られた」と指摘した。

また、オーストラリア準備銀行(中央銀行)の金融政策について、「予見可能な将来は中立を維持する見通しだが、現時点での成長の道筋や下振れリスクの拡大を踏まえると、次の金利変更は引き下げになる可能性がある」との見方を示した。

1月の調査では、内需を反映する先行きの受注に関する指数が3ポイント上昇のプラス2となり、マイナス圏から抜け出した。雇用指数も1ポイント上昇してプラス5となった。

このほか、販売指数は3ポイント上昇のプラス10、利益を示す指数は4ポイント上昇のプラス5となった。

業種別では1月も小売りが最も軟調だった一方、鉱業や娯楽、金融などは良好だった。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 2

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 3

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 4

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 7

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 10

    連続爆発テロ:スリランカはなぜ狙われたのか

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 10

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!