コラム

ブラジル大統領選の勝者は緑の党

2010年10月05日(火)16時04分

 週末に行われたブラジル大統領選の大きなサプライズは、ブラジル緑の党の大統領候補で有名なアマゾン熱帯雨林保護活動家のマリナ・シルバ前環境相の躍進だ。予想を上回る19%の票を得て、勝利がほぼ確実視されていた与党・労働党のディルマ・ルセフ前官房長官の過半数獲得を阻止。2大政党の候補による決戦投票に追い込んだ。勝利へ向けて2大政党から支持を求められる立場になった緑の党は、決戦投票のキャスチング・ボードを握って怪気炎を上げている。


 結党以来最多の得票を得た緑の党のアフレード・サーキス党首は、2大政党の候補の環境保護政策を注視すると言った。かえって熱帯雨林破壊を進めているとして環境保護派が猛反発している改正森林保護法や、温室効果ガス削減への取り組みなどだ。

 シルバの得票率が31.52%に達した首都リオデジャネイロでは、日刊紙オディアが一面に「緑の津波」という見出しを掲げた。

「10月31日の決戦投票にマリナ・シルバの名前はないが、勝敗を決めるのは彼女だ」と、同紙は書く。「シルバは大統領選の中心人物になった」と、アマゾンで活動するジャーナリストで70年代後半からシルバを知るアルティノ・マチャドは言う。


 シルバはルラ政権の環境相を08年に辞任している。森林保護に後ろ向きだと政府を批判して大きな話題になった。彼女はアマゾンにあるアクレ州でゴムを採集する貧しい農民の子で、14歳まで文字も読めなかった。緑の党が支持を集めたのは、シルバの劇的な経歴が受けたのと同時に、ブラジルで環境問題が重大な関心事になっていることの表れだ。ブラジルでは、実に人口の85%が気候変動を重大な問題とみなしている(アメリカでは37%に過ぎない)。

 6月にはオーストラリアのケビン・ラッド首相が地球温暖化対策の公約を破ったことで辞任に追い込まれている。今度のシルバの成功と併せ、これが有権者が環境問題を重視し始めた兆候なら喜ばしいのだが、地球規模の変化というにはまだ程遠い。とくに、11月の中間選挙でアメリカが緑の津波に洗われるとはとても思えない。

──ジョシュア・キーティング
[米国東部時間2010年10月04日(月)16時32分更新]

Reprinted with permission from FP Passport, 5/10/2010. ©2010 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

デンマーク、ロシア産原油輸送の「影の船団」阻止を検

ワールド

ロシア拘束の米記者、スパイ容疑の審理非公開で実施 

ワールド

NATO加盟20カ国超、24年に国防費2%目標達成

ワールド

米印、貿易や産業協力の障壁巡り対応へ 「技術流出防
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 5

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 6

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 7

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 8

    ジョージアはロシアに飲み込まれるのか

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    長距離ドローンがロシア奥深くに「退避」していたSU-…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story