コラム

なでしこからサウディまで:スポーツに進出するムスリム女性

2012年08月08日(水)11時15分

 今年のロンドン・オリンピックの目玉は、なんといっても「なでしこ」の大活躍と、サウディアラビアからの女性選手の参加だろう。
 
 ちょっと無茶ぶりじゃない? と思われるかもしれないが、実はこの二つは密接につながっている。
 
 ことの発端は一年前、オリンピックのサッカー予選試合で、イランの女子チームが参加権を剥奪されたことに始まる。頭と首を覆うヒジャーブ(スカーフ)をして競技するのは危険だ、というのが理由で、全員がムスリム(イスラーム教徒)でヒジャーブを着用するイラン女子チームは、違反とされた。

 一年前、この話をこのブログで紹介したときにも書いたのだが、この問題がヨルダンのアリー王子の頭を悩ませることになる。ヨルダンでもまた、自国の選手にヒジャーブを被っている者が少なくなかったからだ。ちょうどFIFAのアジア代表の副理事に選ばれていたこともあって、アリー王子は以後、ヒジャーブ着用女子が試合に参加できるように、懸命に各方面に働きかける。

 昨年11月、マレーシアで開催されたアジア・サッカー連盟の理事会では、ヒジャーブ禁止条項をやめるよう、決議が採択された。その決議をもって、アリー王子は12月、東京でのFIFA理事会に出席した。そこで国際サッカー協会が認めた安全なヒジャーブを提案、2014年のワールドカップには認められる方向に進んだのである。

 さて、そうなると立場が弱いのが、ヒジャーブを理由に女子にスポーツを推奨しない保守的イスラーム国だ。女子のスポーツ教育など皆無ともいえるサウディアラビアに対して、今年初めごろからオリンピック委員会が、女子スポーツ選手の参加を認めるように、説得を繰り返してきた。なんといっても、保守的な宗教指導者が「スポーツは女子にとって悪魔への一歩」と公言してはばからない国である。つい最近まで、女性の運転すら認めていなかった。

 だが、お隣で同様に女子選手をオリンピックに出したことがないカタールが、揺らぐ。カタールは過去三回、オリンピック招致に立候補しているが、主催国が女子の競技参加を認めていないのはいかがなものかと、低評価につながっているのだ。サウディもサウディで、周辺国での「アラブの春」でもたらされた自由の空気が、国内にも伝わっている。

 教義に反しないよう、ヒジャーブをオリンピック委員会に認めさせようとする保守的イスラーム国と、できるだけ多くの国が多くの競技に参加してほしい、オリンピック委員会。その間で駆け引きが続いた結果、7月にようやく国際柔道連盟が、サウディの女子柔道選手のヒジャーブ着用での試合を認めた。結局サウディからは、十代の800メートル走選手と合わせて、二人の女性アスリートが参加することとなったのである。

 ところで、この一連の流れのどこに「なでしこ」が関係してくるか、ですって? アリー王子が東京のFIFA理事会でヒジャーブ問題を議題に挙げたとき、多くのサポーターからの支援があることを訴えた。そのなかに、「なでしこ」が入っていたのである。

 宗教が理由で女子スポーツ選手の行く手が阻まれるのは、嫌だ。宗教的制約があっても堂々とオリンピックで活躍できるんだぞ!、と高らかに主張するイスラーム教徒の女性は、増えている。そのカッコいい競技姿を、以下のウェブサイトでぜひ見てほしい。世界のムスリム女性の試合結果一覧などもあって、なかなか面白いですよ。
http://muslimwomeninsports.blogspot.jp/2012/08/muslim-female-olympians-from-middle-east.html

プロフィール

酒井啓子

千葉大学法政経学部教授。専門はイラク政治史、現代中東政治。1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。アジア経済研究所、東京外国語大学を経て、現職。著書に『イラクとアメリカ』『イラク戦争と占領』『<中東>の考え方』『中東政治学』『中東から世界が見える』など。最新刊は『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』。

ニュース速報

ワールド

WHO、モデルナ製ワクチン使用推奨 迅速な緊急承認

ビジネス

米GE、第4四半期はキャッシュフロー大幅増 21年

ワールド

モデルナ、3月末までに米政府にワクチン約1億回分供

ワールド

WHO、自宅コロナ治療で新提言 血中酸素濃度測定な

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 3

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きていることは日本でも起きている

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    欧州世論調査「米中対立、アメリカ支持は約2割」

  • 6

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 7

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 8

    「それは私の仕事ではありません」 ワークマンはそん…

  • 9

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 10

    ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!