コラム

ニューズウィークの辛口批評家にとって「映画の黄金時代」とは

2009年08月05日(水)18時27分

 東京ローカルのUHF局TOKYO MXテレビで、今年の4月から「松嶋×町山 未公開映画を観るTV」という番組をやっている(毎週日曜日午後11時〜)。

 大スターが出てない、などの理由で日本では公開されないアメリカ映画をいきなりテレビで放送してしまおうという番組で、今週末(8月9日)から2週にわたって、『This Film Is Not Yet Rated(この映画はまだレイティングされていません)』を放送する。

 これは、アメリカの「映倫」にあたるMPAA(アメリカ映画協会)という団体の正体を暴こうとするドキュメンタリー映画。

 MPAAは映画を以下のように年齢別にレイティングする。

 G(一般向け・幼児から大人まで誰でも観られる)、
 PG(9歳以下の子どもは保護者の同伴が必要)、
 PG13(13歳以下の子どもは保護者の同伴が必要)、
 R(17歳以下は保護者の同伴が必要)、
 NC−17(17歳以下は入場不可)。

 しかし、その判断基準は明文化されていない。謎なのだ。だから、いろいろな矛盾が指摘されている。

 たとえば、ハリウッド・メジャー(MPAAにお金を出している大手映画会社)には裁定が甘く、インディペンデントの映画には厳しい。暴力を能天気に描いた娯楽アクション映画はPGかPG13で、暴力の恐ろしさをリアルに描くとRやNC−17になる。レイプ描写には甘く、同性愛描写には厳しい。

 なかにはジョン・ウォーターズ監督の『ダーティ・シェイム』のように、セックス描写や裸が一切なくてもNC−17になってしまった映画もある。この映画には汚物フェチとか匂いフェチとか、セックス以外のものに欲情するヘンタイばかりが出てくるのだ。

 MPAAにNC−17とレイティングされると新聞に広告を打つことができない。最近ではアトム・エゴヤン監督の『秘密のかけら』がNC−17にレイティングされて興行的に大失敗した。女の子とセックスをしているケヴィン・ベーコンの尻を後ろから見たコリン・ファースが欲情してベーコンの尻に挿入するシーンがあったからだ。

──── AD ────
rectangle_best300_blog.jpg

 さて、この映画『This Film Is Not Rated Yet』にデヴィッド・アンセンという映画批評家が登場する。アンセンは77年から現在まで『ニューズウィーク』誌の映画評を書き続けている。シカゴ・サン・タイムズ紙のロジャー・エバート、タイム誌のリチャード・コーリスとリチャード・シッケル、ニューヨーク・タイムズ紙のA・C・スコットなどと並んでアメリカの映画批評家を代表する人物だ。

 アンセンは『This Film Is Not Rated Yet』でMPAAを徹底的に攻撃する。映画に勝手なモラルを押し付けて今の映画をつまらなくした元凶だと。70年代のアメリカ映画はもっともっと自由だったと。

 アンセンたちは、60年代末アメリカ映画革命の申し子だ。

 それまでのハリウッド映画はヘイズ・コードという自主規制に縛られ、幼児から大人まで一緒に観られる内容しか作ることができなかった。暴力やセックスや、反社会的行為の描写は厳しく管理された。夫婦ですら同じベッドには寝ないし、拳銃で撃たれても血は流れない。どんなに悪い奴でも絶対にFUCKやSHITと言わなかった。

 そんな健全なアメリカ映画に退屈した若者たちは、ヨーロッパや日本の映画に夢中になった。クロサワの映画で斬られたサムライは血しぶきを撒き散らし、ベルイマンの映画では少女が奔放にセックスし、ゴダールの映画ではチンピラが警官を射殺する。そんな「不良の映画」にアンセンたち若きアメリカ人たちは目を開かれた。「これは撮影所で作られたおとぎ話とは違う。現実だ!」

 そして60年代、ケネディ暗殺、ベトナム戦争、人種暴動など、血みどろの暴力がアメリカの日常を襲い、映像がテレビで茶の間に放送された。ピル解禁、フリー・セックスと性革命が進んだ。公民権運動、学生運動、反戦デモ、ドロップアウト、若者たちが社会に徹底的に反抗した。この革命に取り残されたハリウッドは68年、やっとヘイズ・コードを廃止し、代わりに年齢別のレイティング・システムを導入した。

 すると、まるで堰を切ったように、暴力とセックスと反抗がハリウッド映画からあふれ出した。『俺たちに明日はない』『イージーライダー』『ギャンブラー』『ゴッドファーザー』『真夜中のカーボーイ』『タクシードライバー』......。

 監督ではフランシス・コッポラ、ロバート・アルトマン、マーティン・スコセッシ、そしてスティーヴン・スピルバーグなどが登場した。彼らの映画はセックスと暴力だけではなく、それまでのハリウッド映画がファンタジーを守るために除外してきたものをすべて映画に取り込もうとした。斬新で実験的な映像や編集や音楽、現実社会や政治への批評、人間の暗黒面をも直視する文学性、監督個人の体験や苦悩を込めた作家性......。この頃のアメリカ映画はまさに総合芸術だったのだ。

「この時代を『アメリカ映画の黄金時代』と呼ぶのはあまりに陳腐だが、私たちにとっては確かに黄金時代だった」

 デヴィッド・アンセンは、先日出版されたニューズウィーク増刊『映画ザ・ベスト300』にそう書いている。本書の巻頭には、世の中には無数の『名作映画ベスト100』が存在するが、世に出たそばから文句が殺到すると書かれている。「なぜあの作品を外したのか」と。アンセンも、この本のなかでAFI(アメリカン・フィルム・インスティテュート)が選出した「偉大なアメリカ映画ベスト100」にあれこれイチャモンをつけている。

 筆者も、この本のセレクションに不満がいろいろある。『Mr.& Mrs.スミス』なんて結末がないまま終わる尻切れトンボ映画を誉めるのかよ、とか。『オースティン・パワーズ』は続編よりも1作目のほうが面白いに決まってるじゃん、とか。デヴィッド・フィンチャーの『セブン』がワーストだなんてセンス悪いねえ、とか。

 逆に「そうそう!」と思わず膝を打つセレクトも多い。『張り込み』(87年)は今では誰も思い出さないが、サスペンスとコメディとロマンスとアクションをベストのバランスでミックスしたジョン・バダム監督の職人芸の結晶だった。スティーヴ・マーティンの『LAストーリー 恋が降る街』(91年)は、ロサンジェルスという街そのものをギャグのネタにしまくった快作で、サラ・ジェシカ・パーカーの才能はここから爆発したのだ。こういう、普通の映画史の本などではまるで話題に上らない通好みの映画や、個人的に偏愛している作品が選ばれているとうれしくなる。

 自分だけが愛していると思っていた映画を他の人も愛していたことを知ると、なんでこんなに幸福になるんだろうか。

 ただ、このベスト300、後半はどんどん映画が弱くなっていく。『ダイ・ハード4.0』『パイレーツ・オブ・カリビアン』なんて遊園地映画を『市民ケーン』や『ラスト・ショー』と同じリストに入れていいわけがない。それはアンセンのせいではなく、やはりアメリカ映画が衰退しているせいだ。MPAAもその犯人の一人なわけだが。

プロフィール

町山智浩

カリフォルニア州バークレー在住。コラムニスト・映画評論家。1962年東京生まれ。主な著書に『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』(文芸春秋)など。TBSラジオ『キラ☆キラ』(毎週金曜午後3時)、TOKYO MXテレビ『松嶋×町山 未公開映画を観るテレビ』(毎週日曜午後11時)に出演中。

ニュース速報

ワールド

アングル:米民主党進歩派の「顔」、グッズ販売で狙う

ワールド

米超党派議員がIOCに書簡、北京五輪の延期や開催地

ビジネス

アングル:暗号資産ブームのパキスタン、後手に回る法

ビジネス

アングル:ノンアルビール、「コロナ明け」機に大手が

MAGAZINE

特集:ドキュメント 癌からの生還

2021年7月27日号(7/20発売)

東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な相違点がある)

  • 3

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本人と韓国人

  • 4

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 7

    日本の皆さん、習近平は「シー・チンピン」でなく「…

  • 8

    ウガンダ選手の失踪は例外ではない──国際大会で「消…

  • 9

    「世界中でアメリカ大使が不在」で考える大使の存在…

  • 10

    東京五輪はアスリート生命を脅かすスーパースプレッ…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 8

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 9

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 10

    経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオース…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中