Book 書籍紹介

『ニューズウィーク日本版』ペーパーバックスのご案内

2014年3月発行

なぜ日本は誤解されるのか

2014年3月発行 / 1000円(税別) デジタル版800円(税別)

中国、韓国だけでなく欧米も含む"世界"によって、日本はたびたび誤解をされてきた。多くの見過ごされてきた事実を掘り起こし、ジャーナリスティックな視点で「日本観」を再構築する作業が、いま求められている。

<「はじめに」より> 中国、韓国における「反日」の動きについては、中韓両国の国内事情によるところが大きい。だがより大きな問題は、この二国だけでなく欧米も含む〝世界〟によって、日本がたびたび誤解をされ、正しく理解されてこなかったことではないだろうか。(中略)多くの見過ごされてきた事実を掘り起こし、ジャーナリスティックな視点で「日本観」を再構築する作業が、いま求められている。
はじめに

Chapter 1 誤解される日本

日本が世界から誤解される理由
ジェニファー・リンド
絶望的な経済衰退論から軍事国家への右旋回まで
色眼鏡で曲解されてきた日本が「普通の国」に
脱皮するには?

欧米も誇張する日本の「右傾化」
J・バークシャー・ミラー、横田 孝
中国・韓国の主張をうのみにし、誤解を広げる
欧米メディア
日本の外交・安全保障政策はなぜ曲解されるのか

国益を損なう「河野談話」見直し
冷泉彰彦
従軍慰安婦問題で「軍の強制連行」を否定しても
日本の名誉回復にはならないし、さらなる誤解を
招くだけだ

僕が「反日」をやめた理由
安替
徹底的な反日派だった南京出身者は
なぜ日本への見方を根底から変えることになったか

中韓には見えない靖国神社の実像
J・バークシャー・ミラー
A級戦犯の遺体が埋葬された、過去の行いを
美化する場所?
誤解や頑なな感情論を脇に置くと見えてくるもの

日本は衰退などしていない
ダニエル・グロス
欧米が反面教師とする「失われた10年」論は
この国の本当の実力を見落としている


Chapter 2 日本を報じる視点

阪神・淡路大震災で称賛された日本人の我慢強さ
日本版1995年2月1日号
英語版1995年1月30日号 掲載

戦争責任に向き合わない日本への批判
日本版1995年7月26日号
英語版1995年7月24日号 掲載

日本のビジネス風土が変わるという期待
日本版1998年4月1日号
英語版1998年3月30日号 掲載

「改革者」コイズミはニュースバリューの宝庫だった
日本版2003年10月15日号
英語版2003年10月13日号 掲載

スキャンダルに執着し過ぎる国民性への疑問
日本版2010年6月2日号
英語版2010年5月24日・31日号 掲載

東日本大震災に遭った日本人へのエール
日本版2011年3月30日号
英語版2011年3月28日号・4月4日号 掲載

Chapter 3 世界に誇る日本の底力

外国の評価を気にする時代は終わった
横田 孝
テクノロジーや文化、震災で見せた忍耐のほかにも
世界に誇れる底知れない「日本力」がある

日出づる国が向かうハイブリッドな未来
パラグ・カンナ、アイシャ・カンナ
テクノロジーの社会への応用に前向きな日本は
人間と機械が「共進化」する新時代のパイオニアになる

世界を変えた日本の革新的アイデア10
1 ハイテクトイレ
2 おもてなし
3 温室効果ガス観測技術衛星
4 ストリートファッション
5 iPS細胞
6 テレビ番組
7 日本食
8 ロボット
9 もったいない
10 地雷撤去

日本の治安が最高なのは共同体パワーのおかげ
レジス・アルノー
外国に比べれば、麻薬も詐欺も盗難もないも同然
その理由は自分がコミュニティーの一員という意識の強さだ

アメリカで歌舞伎が愛される理由
ピーター・グリリ
日本といえば「フジヤマ、ゲイシャ」だったアメリカ人
その思い込みを覆してきたのは役者の芸の力だ

日本が誇る外食文化はレストランだけじゃない
レジス・アルノー
生産者やグルメ評論家、製氷業者もネットワークの一部
「食」の質が高い理由は高級店の多さだけじゃない

試験走行に「ふた冬」使う新幹線の安全性
冷泉彰彦
工事が終了し、車両も完成しているのになぜまだ開業しないのか
技術面から見る日本の鉄道の「安全性」思想

年表
執筆者プロフィール

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 10

    【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!