Book 書籍紹介

『ニューズウィーク日本版』ペーパーバックスのご案内

2011年9月発行

英語超入門  

2011年9月発行 / 952円(税別)

ニューズウィーク日本版編集部 編

国内外の研究・事例を基にした「日本人のための英語習得法」 4ステップであなたも上級者に! 

(1)最新科学でわかった上達の秘訣
(2)コミュニケーションの実践講座
(3)メールと電話の実践講座
  (4)英語社会のグローバル仕事術
Chapter 1 最新科学でわかった上達の秘訣

ウソかホントか英語学習9つの定説

1.聞き流すだけでペラペラに
2.機械的な反復練習は無駄
3.日本語にない音は聞き取れない
4.ネイティブ教師が1番
5.大人は子供にかなわない
6.何年も勉強したのに話せない
7.音読は外国語にも効果的
8. 留学すれば上達する
9. まちがいを恐れるな

最新科学でわかった英語力の伸ばし方

「通じる英語」を話す6つのコツ

1.抑揚と強調で英語らしく
2.母音は捨てて子音に集中
3.ボールはすぐに投げ返す
4.相手の力を上手に借りる
5.ストレートな表現にご用心
6.うなずく癖は誤解のもと

L と R を聞き分ける4つのトレーニング法

1.大げさな発音で耳を慣らす
2.多くのバリエーションを聞く
3.口のエアロビクス作戦
4.こだわりを捨ててみる

読解力を伸ばす6つの意外なコツ

1.日本語に訳すのを恐れるな
2.飛ばし読みをしない
3.推論頼みの甘いワナ
4.単語の数より大切なもの
5.教材選びで脳を活性化
6.IT時代の新しい読み方

語彙力アップ効率的な7つの方法

1.6回以上繰り返す
2.時間制限で使える語彙に
3.単語帳は使い方次第
4.関連語を一緒に覚えない
5.多読の効果を引き出す
6.辞書を賢く使いこなす
7.攻略法を使い分ける

語彙力アップ効率的な7つの方法

1.6回以上繰り返す
2.時間制限で使える語彙に
3.単語帳は使い方次第
4.関連語を一緒に覚えない
5.多読の効果を引き出す
6.辞書を賢く使いこなす
7.攻略法を使い分ける


Chapter 2 コミュニケーションの実践講座

演説・講演のプロに学ぶ聴衆を魅了するコツ

プレゼンテーション成功の10カ条

1.ポイントだけを簡潔に
2.聴衆に道しるべを
3.スライドを厳選する
4.練習あるのみ
5.原稿を読み上げない
6.一瞬の間が効果的
7.「視線」で聴衆を味方に
8.無表情はトラブルの元
9.話題の変わり目は明確に
10.困った質問を受けたら

プロフェッショナル度を上げる魔法の英単語12
執筆◎ウィリアム・A・ヴァンス

1.problem → hurdle
2.opinion → view
3.disturb → derail
4.plan → strategy
5.cause → catalyst
6.definite → concrete
7.think about → digest
8.do many things → juggle
9.discuss → explore
10.very high → astronomical
11.improve → polish
12.become certain → crystallize
英語会議を乗り切る7つの基礎知識

1.勝負は準備で決まる
2.目線と笑顔に要注意
3.反論はその場で言う
4.時間配分は厳密に
5.知ったかぶりの悪い癖
6.座り方にもひと工夫
7.非日本人への心づかい

会話をつなぐとっさのひとこと

 同意の相づち
 不合意の相づち
 聞き取れなかったら
 理解できなかったら
 会議で口をはさむ
 言葉に詰まったら
 発言を遮られたら
 困った質問を受けたら
 意見が固まらないとき

「喋れる人材」育成最前線レポート


Chapter 3 メールと電話の実践講座

シチュエーション別 今すぐ書ける英文メール
執筆◎ロッシェル・カップ


日本人がまちがいやすい言葉
送信をクリックする前にチェック

中国軍はどこまで膨張するのか  執筆:長岡義博
前年比10%のペースで増え続ける国防予算
空母建造の実現も目指す人民解放軍の本当の狙い

とっさに困らない 電話の便利表現
執筆◎ロッシェル・カップ

 電話を取るとき
 相手の名前や用件を聞く
 担当者につなぐ
 担当者が不在のとき
 電話が遠いとき
 相手の言葉が聞き取れなかったとき
 英語のできる人に代わるとき
 初めての相手に電話するとき
 電話した理由を説明する
 留守番電話に伝言を残す
 コールバックを依頼する
 電話を切る前の一言


Chapter4 英語社会のグローバル仕事術

英語社会で勝ち抜く思考力・適応力


ケーススタディーでグローバル力測定

A 板挟みの管理職はつらいよ
B アラブの時間にご用心
C 経営陣に反対されたら
D 宗教と仕事のバランスは?


ここが変だよ日本人の英語マナー7
執筆◎ロッシェル・カップ

1. 人の話を遮れない
2. 部下を自然にほめられない
3. ほめられるとつい謙遜する
4. リラックスした世間話が苦手
5. 理解しているふりをする
6. 明確な指示を出さない
7. 会議で結論を出せない

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかしお」の長鋪汽船に

  • 2

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 3

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 4

    「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

  • 5

    相模原障害者殺傷事件、心底恐ろしい植松聖死刑囚の…

  • 6

    NTT-NEC提携「5Gでファーウェイに対抗」の嘘

  • 7

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 8

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 9

    日本が国安法の対象になりつつある香港民主派逮捕と…

  • 10

    瀬戸際の元徴用工問題、日本は自ら解決の道を閉ざすな

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 6

    モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかしお」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 9

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 10

    「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!