Newsweekとは

Newsweek日本版について

 国際ニュース週刊誌『Newsweek』は米国にて1933年に創刊。その日本版として86年に創刊されて以来、『ニューズウィーク日本版』は、世界のニュースを独自の切り口で伝えることで、良質な情報と洞察力ある視点とを提供するメディアとして一目置かれてきました。

 近年は日本版オリジナルの記事を大幅に増やし、本国版以上に国際色あふれる誌面に。また、中国や韓国などのアジア情勢の分析の深さや鋭さは、第一線で活躍するビジネスパーソンや論壇、政府関係者など政財界の要人から高く評価されています。国内外のメディアが伝える「日本」とは一線を画す独自の視点、そして日本と世界の関係を冷静に見つめる報道姿勢もまた、論壇などで信頼を得ています。
 テレビや新聞、ネットニュースでは得られない深い追求、多角的な視点。それが、ニューズウィーク日本版のバリューです。

発行:株式会社CCCメディアハウス
〒153-8541
東京都目黒区目黒1-24-12
発行人 小林圭太
編集長 長岡義博

covers.jpg

Newsweek年表

1933年
『ニューズウィーク』創刊
1961年
ワシントンポストグループとなる
1972年
『アジア版』、『大西洋版』が米国版から独立
1978年
『中南米版』創刊
1984年
オーストラリアで『ザ・ブリテン・ウィズ・ニューズウィーク』発行
1986年
『ニューズウィーク日本版』創刊
1991年
『ニューズウィーク韓国版』創刊
1996年
『ニューズウィーク・スペイン語版』創刊
ロシアで『イトギ・ニューズウィーク』創刊(現在休刊)
1998年
「Newsweek.MSNBC.comサイト」開設
2000年
『ニューズウィーク・アラビア語版』創刊
2001年
『ニューズウィーク・ポーランド版』創刊
2004年
月刊『ニューズウィーク・セレクト(中国語版)』創刊
『ルースキー・ニューズウィーク(ロシア語版)』創刊

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官房長官、ネット上の噂を否定

  • 3

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 4

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 5

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 6

    新型コロナ:「医療崩壊」ヨーロッパの教訓からいま…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    中国、感染しても無症状者は統計に反映せず 新型コロ…

  • 1

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 2

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ルーム」事件の闇

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 7

    新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

  • 8

    新型コロナ対策、「日本式」の特徴と評価

  • 9

    10~20代はネットで調べるとき「ググらない」 その理…

  • 10

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 4

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 5

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    やっぱり日本は終わりだ

  • 8

    ついに日本は終わった

  • 9

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

  • 10

    新型コロナウイルス、感染ショックの後に日本を襲う4…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!