コラム

「アメリカ料理」には移民の人生ドラマが詰まっている

2016年02月24日(水)15時00分
「アメリカ料理」には移民の人生ドラマが詰まっている

移民社会のアメリカでは移民の母国の料理が「アメリカ料理」になる(写真はLutefiskが入ったノルウェー料理) PUBLIC DOMAIN

 アメリカ人の姑は、「来客があるの」と私が口にすると、かならず「何料理を作るの?」とたずねてくる。そこで、「和食のバリエーション」とか「タイ風カレー」とか答えると、「アメリカ料理は作らないの?」と、返ってくる。そこには、「アメリカ暮らしが長いのに、なぜ頑固にアメリカ料理を拒否するの?」という、ささやかな批判も交じっている。

 30年近く似たようなやり取りを繰り返して飽きてきたので、一度「アメリカ料理って、どういうものですか?」と尋ねてみた。

 すると、彼女は「scalloped potatoesとか......」と言う。でも、それは、フランスからやってきたポテトグラタンだ。そう指摘すると、「アメリカ料理のはずよ。私は子どもの頃から食べていたもの」と譲らない。どうやら姑は、ローストビーフやチキンスープも「アメリカ料理」と信じているようだ。

 では「アメリカ料理」とは何だろうか?

【参考記事】どんなにサービスが悪くても、チップは15%払うべし

 思いつくのは、ピザ、ホットドッグ、ハンバーガー、チリコンカルネといったファストフードだが、これらも、アメリカへ来た移民が母国の味を作り変えたものだ。私の姑はアメリカ中西部のオハイオ州出身で、彼女の両親はこの地域に多いオランダ系、ドイツ系、イギリス系移民の子孫だ。だから、これらの国の「味覚」が姑にとっては「アメリカ料理」なのだろう。

 同じアメリカの中西部でも、冬がことに厳しいミネソタ州には、ノルウェー、フィンランド、スウェーデン、デンマークなど北欧諸国からの移民が多い。文芸小説『Kitchens of the Great Midwest (English Edition)』の主人公Evaの父親Larsも、北欧系移民が多いミネソタ州の田舎で育った。ノルウェー系移民の父親から、Lutefiskというノルウェーの国民食を作ることを強いられた気の毒な少年だった。

 Lutefiskとは、干して発酵させた白身の魚を灰汁(あく)に漬けて柔らかくしたもので、魚はゼリー状になり強い悪臭を放つようになる。日本のくさや、韓国のホンオフェなど、どの国にも、外国人が「そんなもの食べられるの?」と驚愕する国民食があるが、Lutefiskもそのひとつだ。悪臭も、慣れている人には食欲をそそる香りになるかもしれないが、作るときに染みこむ魚の臭いが好きな人はいない。だから、12歳のときからLutefiskを作っていたLarsは、まったく女性にモテず、立派なシェフになることだけを夢見て大人になった。

 やがて念願のシェフとなり、遅ればせながらも初めて愛する女性と出会って幸せを掴んだLarsだが、子育てよりソムリエとして活躍したい妻に捨てられてしまう。乳児の娘とふたりきりになったLarsは、溺愛する娘のEvaに味の英才教育を始める。

プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。近著に『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)。新著に『トランプがはじめた21世紀の南北戦争:アメリカ大統領選2016』(晶文社、2017年1月11日発売)。

ニュース速報

ビジネス

焦点:日銀総裁、金融正常化観測けん制 市場対話に神

ワールド

TPP11、3月8日にチリで署名式 協定文が確定=

ビジネス

日銀会合は政策・見通し共に据え置き、総裁は出口観測

ワールド

米、インドネシアと防衛協力強化へ 中国念頭に国防長

MAGAZINE

特集:科学技術大国 中国の野心

2018-1・30号(1/23発売)

豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

*雪による配送遅延について

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開発に光が!?

  • 3

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 4

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 5

    「骨タイプのおやつ」で死亡する犬が急増 米政府機…

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 9

    欧州初、ドイツで寄生虫の卵のサプリメントが合法的…

  • 10

    応急処置で肺に針を 北朝鮮亡命兵士、救出から6時間…

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 7

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 8

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 7

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!