最新記事
ウクライナ情勢

ウクライナ、ロシア国境奥深くの石油施設に猛攻 アメリカは不満

Ukraine Strikes Russian Oil Depot Deep Behind Enemy Lines

2024年5月28日(火)15時51分
イザベル・バンブルーゲン

ロシアとウクライナは互いに相手のエネルギー施設を攻撃している(写真はロシアの攻撃を受けたウクライナ南部オデッサの石油施設。2022年4月3日) Photo by Nina Lyashonok/Ukrinform/ABACAPRESS.COM

<ウクライナ政府は、西側諸国から供与された兵器を用いてロシア領内の標的に対する攻撃を行うことについて、支援国からの許可を得ようとしてきたが、アメリカはまだ認めていない>

ウクライナ軍のドローンが、またしてもロシアの領土内にある石油施設を攻撃したと、ロシア現地の州知事が明かした。

2機のドローンが、ロシア西部オリョール州の町、リーヴヌィの石油施設に突っ込んだと、同州知事のアンドレイ・クリチコフは5月27日、自身のテレグラムチャンネルで伝えた。リーヴヌィは、ウクライナとの国境から約320キロ離れている。

 

この攻撃で1人が死亡、3人が負傷したと、同知事は付け加えた。管理棟にも損害が出たという。

【動画】Xに投稿された石油施設攻撃のクローズアップ映像

ウクライナは2024年に入り、ロシアの石油精製施設に対する攻撃を強化している。なかでも、ウラジーミル・プーチン大統領の戦時経済を支えるガソリン生産の妨害を焦点にしている。

ウクライナ軍の情報機関によると、ロシアのウクライナ侵攻が始まって以来、ロシアのなかでも最大級の規模の石油精製施設に対して行ったきた。そのうち少なくとも13回は成功を収めたという。その結果、ロシアの石油精製能力の少なくとも14%が失われたと、米国防総省の情報機関、国防情報局(DIA)は5月に発表している。

ウクライナのオリハ・ステファニシナ副首相は3月の時点で、ロシアの石油精製施設は、ウクライナにとって正当な軍事目標だと発言した。

直近の攻撃については、今のところウクライナ側からのコメントはない。

ウクライナは見切り発車

オリョール州のクリチコフ知事は、「救急サービスならびに市行政当局の職員が即座に現場に到着し、鎮火作業に携わると共に、火災後の状況に対処した」と書いている。

今回の攻撃の少し前には、5月9日のガスプロムのネフチキム・サラヴァト石油精製所に対して行われたドローン攻撃について、ウクライナの情報機関が同国の関与を認めていた。ウクライナとの国境からは1600キロも離れた製油所だ。

ウクライナの保安当局は4月、タタールスタン共和国にあるロシアの石油精製所に対するドローン攻撃についても、自国の関与を認めた。こちらは、ウクライナとの国境から約1300キロ弱離れている。

ウクライナ政府は、西側諸国から供与された兵器を用いてロシア領内の標的に対する攻撃を行うことについて、支援国からの許可を得ようとしてきた。

だが米国防総省のチャーリー・デイツ報道官は5月中旬、本誌の取材に対し、アメリカは「ロシア領内への攻撃は支持しないと、ウクライナには非常に明確に示している」と発言した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米国が黒海に拠点画策、ウクライナ供給と最新兵器配備

ビジネス

米GDP、第2四半期+2.8%に加速 個人消費堅調

ワールド

イスラエル、首相訪米中もガザ攻勢強める ラファ中心

ワールド

マスク氏から寄付の計画聞かず、トランプ氏 巨額献金
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    「習慣化の鬼」の朝日新聞記者が独学を続けられる理由【勉強法】
  • 2
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な一方、やはり割を食う「あの世代」
  • 3
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    トランプ再選で円高は進むか?
  • 7
    誰よりノリノリ...アン・ハサウェイ、友人テイラー・…
  • 8
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 9
    自分を「侮辱」し続けたバンスを、なぜトランプは副…
  • 10
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 1
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 2
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 3
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 10
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中