最新記事
兵器

ウクライナ各地の戦場に続々と出現する、ロシア軍「亀戦車」...防御力の弱さ露呈した「撃破」動画

Russian 'Turtle Tanks' Onslaught Goes Horribly Wrong in Ukraine Video

2024年5月18日(土)15時35分
エリー・クック
ウクライナ軍がロシア軍の戦車を撃破

ウクライナで破壊されたロシア軍の戦車 kibri_ho/Shutterstock

<FPVドローンなどによる攻撃から車体を守るため、金属製の防御用金網などを取り付けたロシア軍戦車がウクライナ各地で目撃されている>

ウクライナ東部ドネツク州の前線で攻勢を強めるロシア軍。戦闘はウクライナ全域で繰り広げられているが、最近これらの前線にロシア軍が次々と投入しているのが「亀戦車」だ。これは攻撃から車体を防ぐため、金属製の防御用金網などを取り付けた戦車だが、新たに公開された映像を見ると、正確な砲撃に対する「甲羅」の防御力は不十分であることが分かる。

■【動画】ロシアが続々投入「異形の新型戦車」、防御力の弱さ露呈...砲撃で次々「撃破」する映像をウクライナ公開

ウクライナ東部で展開する同国の第79独立空中強襲旅団は5月14日、短い動画を公開した。そこに映っているのは、ドネツク州の村ノヴォミハイリフカ周辺で、戦闘車両17台で構成されたロシア軍の部隊が、ウクライナ軍の部隊を攻撃している様子だという。その中には、金網で覆われたロシア軍の戦車も映っている。

「戦車に防御用の金網を取り付けても、狙いを定めた攻撃には役に立たなかった」。同旅団は、ソーシャルメディアへの投稿でそうコメントしている。

ここ数週間、インターネット上で広まっている映像は、ロシアが自軍の戦車に甲羅のような金属構造物を取り付けて覆い、前線付近で攻撃してくるウクライナ軍のFPV(一人称視点)ドローン、通称カミカゼ・ドローンから守ろうとしている様子を示している。防御用の金網が取り付けられたこの戦車は「カメ戦車」と呼ばれSNSでは笑いものになっている。

小型武器の専門家マシュー・モスが本誌に語ったところによると、カメ戦車は、ロシア軍が新たに攻勢を仕かけているハルキウ州北東部を含む、ウクライナの前線のあちこちに出現しているという。

ロシア戦車はウクライナ軍ドローンの「お気に入りの標的」

カメ戦車は、数が増え、形式も統一されていくのだろうか。モスによれば、「カメ戦車にどのくらいの効果があるのか、また、ウクライナ軍が適応して、より効果的な攻撃法を考案できるか、この二つの要素にかかっている」という。

ウクライナ側の情報源がここ数週間、投稿している動画は、ドネツク州でロシア軍の戦車が破壊され、防御用の金属製カバーが残骸となっている様子だとされている。

ウクライナ軍は、安価なFPVドローンを大量に投入し、ロシア軍の装甲車や戦車を狙い撃ちしている。ウクライナ国防省は4月はじめ、「ロシア軍の戦車は、ウクライナ軍のFPVドローンにとって『お気に入りの標的』だ」と述べていた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国不動産セクター、少数の強気派が楽観維持 目標株

ビジネス

トヨタ株主総会、豊田氏の再任賛成票比率71.93%

ビジネス

日経平均は小幅続伸、ハイテク株がけん引 一巡後は伸

ビジネス

午後3時のドルは157円後半で底堅い、対ドル以外で
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中