最新記事
セレブ

「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「口パク」? ステージ上で転落も歌が続き批判殺到

Madonna Accused of Lip-Synching After Performance Issue

2024年2月23日(金)18時00分
シャノン・パワー
マドンナ andreynikolaev.com-Shutterstock

マドンナ andreynikolaev.com-Shutterstock

<マドンナがシアトルでの公演中に椅子から転落した後、「口パクをしていた」として批判されている>

マドンナは、シアトルでのセレブレーションツアー中に、引きずられていた椅子から転落した。1980年代のヒット曲「オープン・ユア・ハート」を熱唱中に地面に転がり落ちたにもかかわらず、なぜか歌は続いていた。

【動画】「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「口パク」? ステージ上で転落も歌が続き批判殺到

事故の様子はXに共有されており、それを見た一部の人々は彼女が生で歌っておらず、音楽に合わせて「口パク」をしていると非難した。投稿には「口パクのために高額なチケット代を払う人が信じられない」「マドンナもジョー・バイデンも引退するべき」といった批判が寄せられている。

しかし、一部の人々はマドンナを擁護。アーティストがしばしばバックグラウンドシンガーや事前に録音されたバックグラウンドボーカルをライブで使用することを指摘した。

65歳のマドンナのツアーは、彼女の40年にっもわたるキャリアを称え、ヨーロッパと北アメリカを横断する79日間のツアー。もともと6月に始まる予定だったが、「重篤な細菌感染症」で入院した後、10月まで延期された。

ツアーを発表した際、マドンナは「私は世界で最も幸運な女の子のように感じており、皆さんのサポートにとても感謝しています。そして、このショーをまとめて、ステージ上で皆さん一人一人と瞬間を共有し、私の旅の過去4十年を祝うのが待ちきれません。私はこれを当たり前だと思っていません」と語っていた。

20240423issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年4月23日号(4月16日発売)は「老人極貧社会 韓国」特集。老人貧困率は先進国最悪。過酷バイトに食料配給……繫栄から取り残され困窮する高齢者は日本の未来の姿

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米アトランタ連銀総裁、インフレ進展停滞なら利上げに

ビジネス

3月全国消費者物価(除く生鮮)は前年比+2.6%=

ワールド

パレスチナ国連加盟、安保理で否決 米が拒否権行使

ビジネス

スペースXの米スパイ衛星網構築計画、ノースロップが
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 6

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    休日に全く食事を取らない(取れない)人が過去25年…

  • 10

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中