最新記事
SDGs

地球温暖化とどう向き合う? データと行動で希望を語る「エコリアリスト」に聞く

HOPE ON CLIMATE CHANGE

2023年9月22日(金)13時00分
ダン・ハーリー(サイエンスライター)
SDGsのイメージ

SANKAI/ISTOCK

<相次ぐ異常気象で未来に絶望する若者が急増中だが、専門家は見通しが好転している兆しを指摘し始めている>

ジョシュ・スペクターは気候変動が人類の存亡に関わる問題だと、早くから理解していた。6歳にして、この難題に対処する必要性を痛感。学生時代はオレゴン大学で地理データ分析を専攻し、無人探査機などの研究開発・運用を行うNASAのジェット推進研究所(JPL)でインターンを経験。2020年に大学を卒業すると、衛星画像サービス会社プラネット・ラボに入社した。

だがコロナ禍が長引き、米西部で熱波や山火事が猛威を振るうにつれ、人生がほころび始めた。クライアントの価値観に幻滅して退職、オレゴン州ポートランドの実家に戻ってNPOのボランティアになった。

「身近で起きている気候変動に過敏になっていた」と、スペクターは言う。「目が覚めるとツイッターで世界各地の異常気象による被害をチェックする日々だった。抑鬱や不安や悲しみや無力感で、何時間も何も手に付かないこともあった」

今夏の異常気象で多くの人が同じ思いを味わっている。カナダで発生した壊滅的な森林火災の煙がアメリカ北東部・中西部に流れ込み、ハワイ・マウイ島の山火事による死者は100人を超えた。カリフォルニア州やアリゾナ州や米南部の大半で史上最高気温を記録。フロリダ州南部では周辺の海水の温度が32度超と温水に近くなった。ペンシルベニア州やニューヨーク州では熱波による豪雨が道路を寸断し、家屋が鉄砲水で流され、計6人以上が死亡した。

ヨーロッパとアジアも記録的な高温に見舞われている。7月中旬、イタリアでは気温が45度を超え、23都市に警報が出された。ギリシャの首都アテネ近郊では山火事が猛威を振るった。中国の首都・北京では28日間連続で気温が35度を超えた。何より衝撃的なのは、統計開始以来の世界の平均気温上位30日のうち21位までを今年7月が占めたことだ。

これでは、人類が文明の終焉に直面しているのではないかと人々が危惧するのも無理はない。アメリカなど10カ国の16~25歳の若者1万人を対象に実施された21年の調査では、59%が気候変動について「とても/極度に不安」と回答。半数以上が悲しみ、不安、怒り、無力感、罪悪感などを感じ、4分の3が未来を「恐ろしい」と感じると回答した。31カ国の人々を対象とした22年の調査では、回答者の40%が気候変動の影響への懸念から子供を持ちたくないと考えていることが分かった。

皆さん、エコ不安の時代へようこそ。アメリカ心理学会の定義によれば、エコ不安とは「気候変動の影響による環境破壊への慢性的な不安と、それに関連して自分と次世代の未来に抱く懸念」だという。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:最高値更新の米株、割安な伝統セクターに投

ワールド

米、ガザに人道支援物資を初投下 57万人以上が飢餓

ワールド

トランプ氏、ミシガン・ミズーリ・アイダホで勝利 共

ワールド

WTO会議、改革合意できないまま閉幕 デジタル関税
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 2

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 3

    独占インタビュー:師弟関係にあった佐渡裕が語る、「小澤先生が教えてくれたこと」

  • 4

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 5

    英王族にプライベートは許されない? 「ドタキャン」…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    GDP世界第4位転落を招いた一因としての格差構造──上…

  • 8

    バイオリンの巨匠、パールマンが語る小澤征爾との「…

  • 9

    メーガン妃はエリザベス女王に「取り入る方法」を知…

  • 10

    メーガン妃がファッションを真似るほど憧れていた、…

  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 5

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 8

    独占インタビュー:師弟関係にあった佐渡裕が語る、…

  • 9

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 10

    英王族にプライベートは許されない? 「ドタキャン」…

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 3

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を締め上げる衝撃シーン...すぐに写真を撮ったワケ

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 6

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 7

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 8

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

  • 9

    ウクライナのドローンがロシアの戦車を攻撃...乗り捨…

  • 10

    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中