最新記事
野生生物

「飼い主が許せない」「撮影せずに助けるべき...」巨大ワニが子犬を捕獲...水中に引きずり込む...衝撃の一部始終

2023年5月17日(水)15時40分
飯野敬二
ワニ

(写真はイメージです) Audrey Snider-Bell-Shutterstock

<撮影者には批判が殺到中...>

オーストラリア・クイーンズランド州の海岸で、1匹の子犬が巨大ワニに捕獲され、そのまま水中へと引きずり込まれた。安否は不明。その衝撃の一部始終を捉えた動画がSNSに投稿され、ネットユーザーたちを震撼...撮影者には批判が殺到中だ。

【動画】巨大ワニが子犬を捕獲...水中に引きずり込む...衝撃の一部始終

動画の主役は2匹の子犬。仲良さそうに浜辺でくつろいでいる。だが突如、巨大なワニが登場...小さい方の子犬は捕獲され、あっという間に水中へと引きずり込まれてしまう。

もう1匹は急いで水辺から離れる。その後は3匹の犬が駆けつけて、巨大ワニに吠えて威嚇するが、時すでに遅しか...撮影者はキャーキャー言いながら、カメラを回し続けるだけだった。

撮影者には批判が殺到中...

この悲劇的な出来事について、スカイ・ニュース・オーストラリアやnews.com.auといった数多くの現地メディアが報道している。襲われた子犬の安否は明らかになっていないが、フェイスブックユーザーのジョニーナ・サボは「飼い主の正体を知っている」とし、このようにつづっているという。

「飼い主はアホみたいに座って撮影するのではなく、子犬を呼び寄せるべきだったに決まっている。ベアはまだ子犬だった。ワニの恐ろしさなんて知らなかったはずだ!」

動画はスカイ・ニュース・オーストラリアによってユーチューブにも公開されており、そこには以下のようなコメントが寄せられている。

「3匹の犬は『どうした!助けに来たぞ!』といった感じで駆けつけるが、間に合わなかったか...ワニもかなり巨大だな。可哀想な子犬だ」

「待って。水中にワニがいるのを知っているのなら、なぜ犬を近づける? リードって聞いたことある?」

「撮影者は恥を知れ。子犬を呼ばずにスマホを出すとは...」

20240730issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年7月30日号(7月23日発売)は「トランプ暗殺未遂」特集。前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

午後3時のドルは152円前半まで下落、2か月半ぶり

ビジネス

中国の大手国有銀、預金金利引き下げ 利ざや圧迫緩和

ビジネス

英中銀、国債市場混乱時のレポ制度発表 保険会社・年

ビジネス

日経平均は7日続落し1200円超安、今年最大の下げ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中