最新記事

北朝鮮

北朝鮮、金正恩のそばに立つ謎の「モザイク男」は誰なのか?

2023年3月20日(月)20時15分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

弾道ミサイル発射を見守る金正恩のそばには、謎の「モザイク男」が…… YTN / YouTube

<弾道ミサイル発射の影で、ある男の存在が注目されている──>

米韓合同軍事演習への対抗として19日に弾道ミサイルを発射した北朝鮮。その様子を伝える記事が労働新聞に掲載されたが、現場の写真に登場した謎の「モザイク男」の正体に注目が集まっている。アジア経済、YTNなどの韓国メディアが報じた。

20日の労働新聞は、18・19日の2日間「戦術核運用部隊の核反撃仮想総合戦術訓練」を実施したと伝えた。19日午前、日本海に向けて発射した短距離弾道ミサイルについても「敵(韓国)の主な対象に核攻撃を模した戦術弾道ミサイルを発射する訓練」だったと説明し、金正恩国務委員長らが発射を見守っている写真を公開した。

写真を見ると、金委員長のそばに娘のジュエとともに軍の主要幹部と思われる4人が並んでいる。そのなかで、目を引くのが一番右に立つ軍服姿の謎の男だ。ミサイル発射を見守っているのに、ただ一人でマスクにサングラスを付けたうえ、異例なのはモザイク処理の加工まで行われていることだ。

北朝鮮の主要メディアが公式行事への参加者の顔をこれほどまでに隠すことはほとんどない。モザイク処理を使用するのは、海外のスポーツ競技を中継するときに欧米企業の広告を隠すか、あるいは粛清された人物の映った画像を編集するときに限られている。

「モザイク男」の正体は?

それでは「モザイク男」は何者なのか? 労働新聞の報道内容から推察すると「モザイク男」は、核またはミサイルの開発に関連した重要人物とみられる。今回の演習にはカン・スンナム国防相と戦術核運用部隊を総指揮する連合部隊長、ミサイル軍部隊長、党中央委員会の幹部たち、ミサイル総局指揮官ら核兵器研究所の関係者などが参観したという。

一部ではモザイク処理された「モザイク男」は「戦術核運用部隊を総指揮する連合部隊長」か、「ミサイル総局の総局長」の可能性があるという観測も出ている。彼の着ている軍服の肩章が、北朝鮮で軍団長級指揮官に任命される中将階級と推定されるという点もこのような可能性を裏付けている。

梁茂進(ヤン・ムジン)北韓大学院大学総長は「(労働新聞の報道で)言及された主要部隊指揮官や核兵器関連の実務者、あるいはキム・ジュエのボディガードの可能性がある」「北朝鮮がセキュリティを維持し、この人物が欧米側の制裁対象になることを防ぐため、正体を隠したと見られる」と分析した。

ク・ビョンサム韓国統一部報道官は20日、政府ソウル庁舎で開かれた定例記者会見で「写真ではこの人物を識別しにくい。関係機関等と分析していくことにする」と話すにとどめた。

一方で、統一部は、北朝鮮が3月18・19日に「戦術核運用部隊の核反撃仮想総合戦術訓練」を実施し、韓国側を狙った核の脅威を高めたことに対して強い遺憾の意を示した。

統一部当局者は「我が国の定例防衛訓練について、北朝鮮が「侵略的な戦争練習」だと罵倒し、核兵器を取りだして脅かすことに対して極めて遺憾に思う。朝鮮半島の危機を生み出した原因と責任は北朝鮮の無謀な核開発にあることをもう一度明らかにする」と繰り返し強調した。

朝鮮半島

「オンラインなら再会できるはず」──北朝鮮に残した「離散家族」の消息を求めて

N. Korean Family Reunion ASAP

2023年3月9日(木)15時27分
シャロン・キム・ソルダーティ(韓国系アメリカ人ライター)
SHARON KIM SOLDATI

筆者(上段右)の父(中段右)は米国在住 COURTESY OF SHARON KIM SOLDATI

<朝鮮戦争が生んだ「離散家族」は今や80~90代と高齢に。手遅れになる前に再会を実現させてほしいと願う家族たちの今>

本文を読む
北朝鮮

「金正恩の娘」、議会の女性比率18%......北朝鮮で重大な変化が進んでいる

2023年3月6日(月)17時20分
エミリー・チャーリー
金正恩と愛娘のジュエ

愛娘のジュエを連れてICBMを視察する金正恩(日付不明) KCNA-REUTERS

<「愛娘」ジュエが初めて姿を見せ、さまざまな憶測が飛び交っているが、主体思想で献身と自立の重要性を女性に説くこの国で今、何かが変わりつつある>

本文を読む
北朝鮮

世界最速で「人口崩壊」する韓国...同時に北朝鮮でも急激な少子化が起きていた

2023年3月2日(木)17時07分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載
北朝鮮の子供たち

北朝鮮の子供たち(平壌、2018年9月) Pyeongyang Press Corps/Pool via REUTERS

<日本を上回るペースで少子化が進む韓国についてイーロン・マスクも「世界で最も速い人口崩壊に直面」と語ったが、北朝鮮でも同様の現象が>

本文を読む
北朝鮮

北朝鮮軍の「エロい」訓練動画に世界が困惑!

North Korea's 'Erotic' Propaganda Video Leaves Viewers Confused

2023年2月22日(水)17時54分
ジェラード・カオンガ

ハリウッド映画をマネたつもり?北朝鮮軍の宣伝動画からのスクリーンショット KOREAN PEOPLE'S ARMY

<立て続けに弾道ミサイルをぶっ放して世界を脅しておきながら、裸、裸、裸のマッスル訓練にいったいなんの意味があるのだろう? ひょっとしてエロさで軍の魅力をアピール中?>

本文を読む
北朝鮮

あの北朝鮮軍も「規律の緩み」に危機感...「将校9割が命令無視」の異常事態とは?

2023年2月7日(火)18時49分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載
北朝鮮兵士

北朝鮮兵士(2018年9月) Danish Siddiqui-Reuters

<朝鮮人民軍といえば上層部の命令には絶対服従のイメージだが、最近では命令がまともに守られないケースも少なくないという>

本文を読む

ニュース速報

ワールド

ウクライナ、反転攻勢の準備整った―ゼレンスキー氏=

ワールド

米国防長官、講演で中国に懸念 衝突回避へ対話を呼び

ワールド

北朝鮮ミサイル情報の即時共有、数カ月中に初期運用へ

ワールド

インド東部で列車同士が衝突、少なくとも233人死亡

MAGAZINE

特集:ChatGPTの正体

2023年6月 6日号(5/30発売)

便利なChatGPTが人間を支配する日。生成AIとどう付き合うべきか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシアの「竜の歯」、ウクライナ「反転攻勢」を阻止できず...チャレンジャー2戦車があっさり突破する映像を公開

  • 2

    「ダライ・ラマは小児性愛者」 中国が流した「偽情報」に簡単に騙された欧米...自分こそ正義と信じる人の残念さ

  • 3

    米軍、日本企業にTNT火薬の調達を打診 ウクライナ向け砲弾製造用途で

  • 4

    ウクライナ側からの越境攻撃を撃退「装甲車4台破壊、戦…

  • 5

    どんぶりを余裕で覆う14本足の巨大甲殻類、台北のラ…

  • 6

    茶色いシミに黄ばみ... カンヌ登場のジョニー・デッ…

  • 7

    「両親は無責任だ」極太ニシキヘビが幼児に絡みつく.…

  • 8

    「日本ネット企業の雄」だった楽天は、なぜここまで…

  • 9

    【ヨルダン王室】ラーニア王妃「自慢の娘」がついに…

  • 10

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほ…

  • 1

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみれの現場

  • 2

    歩きやすさ重視? カンヌ映画祭出席の米人気女優、豪華ドレスからチラ見えした「場違い」な足元が話題に

  • 3

    韓国アシアナ機、飛行中に突然乗客がドアをこじ開けた!

  • 4

    【ヨルダン王室】ラーニア王妃「自慢の娘」がついに…

  • 5

    「日本ネット企業の雄」だった楽天は、なぜここまで…

  • 6

    ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみ…

  • 7

    ロシアの「竜の歯」、ウクライナ「反転攻勢」を阻止…

  • 8

    62歳の医師が「ラーメンのスープを最後まで飲み干す」…

  • 9

    ロシアはウクライナを武装解除するつもりで先進兵器…

  • 10

    F-16は、スペックで優るロシアのスホーイSu-35戦闘機…

  • 1

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみれの現場

  • 2

    世界がくぎづけとなった、アン王女の麗人ぶり

  • 3

    カミラ妃の王冠から特大ダイヤが外されたことに、「触れてほしくない」理由とは?

  • 4

    F-16がロシアをビビらせる2つの理由──元英空軍司令官

  • 5

    「ぼったくり」「家族を連れていけない」わずか1年半…

  • 6

    築130年の住宅に引っ越したTikToker夫婦、3つの「隠…

  • 7

    日本発の「外来種」に世界が頭を抱えている

  • 8

    歩きやすさ重視? カンヌ映画祭出席の米人気女優、…

  • 9

    チャールズ国王戴冠式「招待客リスト」に掲載された…

  • 10

    「飼い主が許せない」「撮影せずに助けるべき...」巨…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中