最新記事

天体観測

5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

Green Comet Tracker: C/2022 E3 (ZTF) Location and Viewing Tips

2023年1月19日(木)15時12分
アリストス・ジョージャウ

(画像はイメージです) Nazarii Neshcherenskyi-iStock.

「緑色の彗星」がいま、太陽系に猛然と近づきつつある。彗星が通過する様子は、手軽な装置で誰もが追跡できるかもしれない。

ZTF彗星(C/2022 E3)と呼ばれるこの彗星は、まもなく地球に最接近し、2月1日には、地球からおよそ約4200万キロまで近づく。その頃には、かろうじてだが肉眼でも見えるようになるかもしれない。

彗星は、凍ったガスや塵、岩石からなる天体で、太陽のまわりを回っている。ときに「宇宙の雪玉」とも呼ばれるこうした天体は、太陽に近づくにつれて放射線の猛攻を浴びるようになり、ガスや破片を放出する。

このプロセスにより、彗星のまわりには、「コマ(coma)」と呼ばれる光を放つ大気と、ガスと塵からなる2本の長い尾ができる。ZTF彗星の場合は、このコマが緑色に見える。

地球を通り過ぎたあとは、ZTF彗星は内太陽系を離れ、おそらく二度と戻ってこないだろう。

この彗星の動きを観測したい人のために、「スカイライブ(TheSkyLive)」は太陽系の3D図を提供し、リアルタイムで更新している。

この図では、太陽と各惑星に対するZTF彗星(C/2022 E3)の軌道が表示される。このツールを使うと、この彗星が今まさに地球と火星の軌道のあいだを通過しようとしていることがわかる。時間と日付を変更すれば、過去や未来の任意の時点における彗星の位置が表示される。

ZTF彗星軌道の見かけ上の形は「開曲線」のように見える。これは、この彗星が内太陽系に二度と戻らず、そのまま深宇宙への旅を続ける可能性があることを示している。戻ってくるとしても、少なくとも5万年は戻ってこない、と英国グリニッジ王立天文台の天文学者ジェシカ・リーは本誌に語った。

スカイライブは3D図のほかにも、ZTF彗星関連の特設ページで、この彗星の現状に関する豊富な補足情報も提供している。

このウェブサイトではたとえば、この彗星が空のどこに見えるかや、今後数日で彗星の位置がどう変わるかがわかる。現時点ではこの彗星は、うしかい座のなかに見える。

少し前には、かんむり座のなかに見えていた。うしかい座のあとは、1月22日までに、りゅう座のなかに移動する。

スカイライブではそのほか、任意の地点からZTF彗星を観測したい場合に目を向けるべき場所や、空に出る時間と沈む時間もわかる(たとえばニューヨークで見るなら、現在はそれぞれ午後10時30分と午後5時30分ごろ)。

ZTF彗星の等級からすると、小型の双眼鏡や望遠鏡の助けがあれば観測できるだろう。天文学者の予測によれば、この彗星は今後数日で明るくなるので、理想的な条件下なら、肉眼でもうっすら見える可能性があるという。とはいえ、彗星の明るさの予測は難しいことで悪名高いため、肉眼で見える明るさには達しないかもしれない。

スカイライブでは、ZTF彗星が地球からどれくらい離れているかも示されている。現時点では、この彗星は地球からおよそ5500万マイル(約8900万キロメートル)のところにある。
(翻訳:ガリレオ)

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=反発、FRB議長発言を消化

ビジネス

NY外為市場=ドル全面安、FRB議長タカ派化せず

ワールド

ウォルシュ米労働長官が退任へ、バイデン政権閣僚で初

ビジネス

米インフレ対応に「かなりの時間」、好調な雇用統計受

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月