最新記事

ウクライナ戦争

ウクライナ兵も思わず失笑...全てを捨て「裸で川を泳いで」逃げていったロシア軍部隊

Russian Soldiers 'Flee Naked': Removed Uniforms, Swam Across River To Escape Ukraine Army

2022年11月16日(水)19時53分
ダニエル・オング

ハルキウ州に置き去りにされた破壊されたロシア軍の戦車(2022年9月) Gleb Garanich-Reuters

<ウクライナ国防省がインターネット上に投稿した撮影時期不明の動画には、川岸に残された数十人分のヘルメットや弾薬が>

ロシア軍の兵士たちが、ウクライナ軍から逃げるために軍服を脱ぎ捨て、「裸で」ドニプロ川を泳いで渡ったことを示す動画が注目を集めている。ウクライナ国防省がインターネット上に投稿した動画によれば、ウクライナ軍の兵士たちがドニプロ川のほとりで、ロシア軍の兵士たちが脱ぎ捨てていった数十のヘルメットやミリタリーベストを見つけたという。

■【動画】軍服も武器も置き去りに「裸で川を渡って逃げた」ロシア軍部隊

逃げ出したロシア兵たちは、弾薬や手榴弾も置き去りにして、泳いで川を渡ったようだ。動画の中であるウクライナ兵は、「ロシア人はこうやって逃げ出した訳だ。見てみろよ、奴らは裸で逃げていった。この川を渡ったんだ。弾薬も何もかも、置き去りにしていった」と述べ、さらにこう続けた。「ロシアの熊たちは、裸で逃げていった」

この動画がいつ撮影されたものかは分かっておらず、ウクライナ国防省は、撮影された場所も明らかにしていない。

CNNの報道によればロシア国防省は11月11日に、ウクライナ南部ヘルソン州の州都ヘルソンからの撤退を完了したと発表。全てのロシア部隊が、ドニプロ川の東岸地域に移動したと明らかにしていた。

ウクライナ軍は現在、ロシア軍が撤退したヘルソン市とその周辺地域の奪還を進めており、当局者たちは電力や通信、インターネットやテレビをはじめとする各種サービスの復旧作業にも取り組んでいる。

要衝ヘルソンからの撤退は大きな屈辱

ウォロディミル・ゼレンスキー大統領は14日夜の定例会見で、「(ヘルソンでは)電気も通信も、インターネットもテレビも利用できない。占領軍が、意図的にすべてを破壊した」と述べ、「これが、ロシア国旗が意味するものだ。完全な荒廃だ」と非難した。

ヘルソンは、ロシア軍が軍事侵攻開始後の早い段階で掌握した最初の主要都市であり、彼らが制圧した唯一の州都でもあった。黒海に近い重要な港湾都市であり、ロシア軍が占領を続けるクリミア半島への玄関口でもある。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は9月末に、ヘルソン州を含むウクライナの4州について(これらの地域を完全に掌握していた訳ではなかったが)ロシアに併合すると一方的に宣言した。

しかしウクライナは夏の終わりにかけて、西側諸国から供与された長距離砲を使って、ロシア軍がヘルソンへの補給路として使用していた複数の橋を爆破。ヘルソンで戦うロシア兵たちを孤立させる作戦を進めた。

今回のヘルソン市からの撤退はロシア軍にとって、ウクライナ軍の反転攻勢により北東部ハルキウ州のほぼ全域を失ったことに次ぐ、屈辱の敗北となる。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

利上げ幅縮小「12月にも」、最終到達点はやや高く=

ビジネス

FRB、利上げを小刻みに行う時期近づいている=クッ

ビジネス

米CNN、レイオフ実施へ 社内メモで全社員に通知

ワールド

ウクライナ支援にロシア凍結資金運用益を充当、欧州委

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 7

    「知性を持っていた?」もし恐竜が絶滅していなかっ…

  • 8

    なぜ環境活動家は一見無関係の名画を標的にするのか…

  • 9

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月